未分類

白昼堂々ゲーマーズ本店前で枕営業 生意気反発枕「おさわり会」開催!

 
暑い日はこれ持ってプールに! 本日、ゲーマーズ本店前で白昼堂々「枕営業」が行われていた。そう、先日お伝えした生意気反発枕の「おさわり会」が開催されていたのだ。店頭には枕の開発担当者である山田さんもかけつけており、拡声器を使って「ひと夏の思い出にひと揉みしてみてはいかがでしょうか!」と呼び込みをしていた。  先日うっかりお伝えするのを忘れてしまった事があるので先に掲載しておきたい。実は、生意気反発枕は購入時、下の写真のような透明な袋に入っているのだ。そう、外から完全に丸見えなのである。購入する際は持って帰る時のことを十分考慮した上で決断して頂きたい。しかし、この問題に対し山田氏は次のように語る。「きっとそう言う人が出てくると思って袋の中に商品紹介のタグを入れたんです。ほら、良く見てください。乳の部分が隠れて外からは見えないでしょ?」…なんという心配り!この開発者、変態である。
ギリギリ乳は見えない? ▲ギリギリ乳は見えない?
 ななかは半分見えてる…
表情などは丸見え ▲表情などは丸見え
 小恋はバッチリ隠れている
ひっくり返せば大丈夫か ▲ひっくり返せば大丈夫か
 重大な問題が解決したところで話を元に戻そうと思う。ゲーマーズ店頭には、生意気反発枕「白河ななかVer.」と「月島小恋Ver.」のサンプルがそれぞれ2個ずつ用意されていた。そしてその周りには呪文のように開発担当者の名言が多数並べられていた。
前回「抱き枕」って書いてすみません ▲前回「抱き枕」って書いてすみません 山田氏が着てる服のこと ▲山田氏が着てる服のこと 名言すぐる ▲名言すぐる
無駄に字がうまい ▲無駄に字がうまい あえて現実を否定 ▲あえて現実を否定 涙出てきた ▲涙出てきた
 なんとも、開発担当者のこの商品にかける思いが伝わってくるではないか。また、山田氏は口頭で「遠巻きで見てみてどんな触感なんだろうと気になる方、多数いらっしゃるかと思いますが、皆さん触ったからといって失うものは何もございません。どうぞひと揉みひと揉みしていって下さい」「『日本人はじまったな』という方は是非一度おさわりしてみてはどうでしょうか」「ブログやmixiなどのネタとして写真を撮ってみてはいかがでしょうか」などと呼び込み続けていた。
そりゃ気になりますわ ▲そりゃ気になりますわ 呼び込む山田氏 ▲呼び込む山田氏 手には「揉みカウンター」が ▲手には「揉みカウンター」が
お客さんとのコミュニケーションをはかる山田氏 ▲お客さんとのコミュニケーションをはかる山田氏 1揉みget ▲1揉みget 自分が一番揉んでいる山田氏 ▲自分が一番揉んでいる山田氏
そりゃビックリしますわ ▲そりゃビックリしますわ 通行人の目を釘付けに ▲通行人の目を釘付けに も、もうだめだ…早くなんとかしないと ▲も、もうだめだ…早くなんとかしないと
 せっかくの機会だったので、前回気になった「ななかと小恋のバストサイズについて」の疑問をぶつけてみた。すると「前回のモノ(コレ)はサンプルなのでその辺りは曖昧なんです。ですが、販売商品にはそのあたりにもこだわっています。ただ、実はこれ全てハンドメイドなので万が一の場合にはお許し下さい」との返事を頂くことができた。また「ハンドメイドなので一日に15個程度しか作れないんですよ」と山田氏は話してくれた。作っている人は、作成後揉んで触感を確認しているのだろうか…気になる…。
そんな、差し出されても… ▲そんな、差し出されても… も、揉みにくい… ▲も、揉みにくい… 日本はじまったな ▲日本はじまったな
 ただ、ここまで書いておいてアレなのだが、実際におさわりをしている人はあまり多くなかった(5時間で計339揉み)。店前は通行人が多く、呼び込みをしている人が怪しいTシャツを着て「揉」を連呼しているのだから当然といえば当然である。この商品、コミケ当日には是非完売してもらいたいと思う。
外人さんもドンと来い ▲外人さんもドンと来い

月島小恋、コミケ会場で揉みくちゃにされていた (←続き) なんという質感!なんという生意気娘!生意気反発抱き枕先行おぱーい(←始まり)
生意気反発枕 キャラクターグッズに衝撃の新乳星登場! D.C.II〜ダ・カーポII〜