未分類

メロン的学研プッシュタイトルは「なのは」と「クトゥルー」

 
 9月6日に学研から発売された、中身が昔出版された「クトゥルー大全」の再録もされているクトゥルー神話の本が、メロンブックスで積まれていたけど、9月18日にPOPが付いていたことに気が付いた。POPでは『メロン的学研プッシュタイトルといったら、なのはとクトゥルーですっ!!』と書かれていた。
▲メロン的学研プッシュタイトルといったらなのはとクトゥルー
 クトゥルー神話とは『H.P.ラヴクラフトにより生み出された恐怖小説に由来する神話体系。それまでの恐怖小説に見られた伝統的怪物描写を脱却し、形容し難い大いなる恐怖を描写する作風を生み出す。その世界観は多くの人を魅了し、ラヴクラフト亡き後も多数の作家によって書き続けられて一つの神話体系が成立した。』というもの(はてなダイアリー)  クトゥルー神話の本は学研の紹介では『20世紀最大の怪奇作家H・P・ラヴクラフトが創造した、暗黒の神話大系をヴィジュアル満載で総紹介する一冊! 邪神図鑑、魔道書一覧、各種の幻想地図、菊地秀行のアーカム探訪記から米国の最新クトゥルー事情まで。』というもので、中身の一部が昔出版された「クトゥルー神話大全」の再録もされている。  メロンブックスでは『学研プッシュタイトルといったら、なのはとクトゥルーです!』と推していて、『「クトゥルー神話の本」あーあ、ついにエソテリカの別冊にもクトゥルーが… 特筆すべきは他のクトゥルー本よりも文学傾向が強いです。持ってるとクトゥルーインテリっぽい?』と書かれていた。  感想にはPROJECT 2044 (CTHULHU REBIRTH IN JAPAN)さんでは『はっきり言ってイラストが凄い多くてしかもクオリティが高い!!!イラストだけでも十分元取れるですよ。総じてクトゥルフ神話のパイオニア世代(80年代)から今に30代の新進クリエイターのコラボレートされた本です。』などが書かれている。また、表紙のラヴクラフトの絵でジャケ買いしていた人もいたみたい。
クトゥルー神話の本-恐怖作家ラヴクラフトと暗黒の宇宙神話入門- ▲クトゥルー神話の本-恐怖作家ラヴクラフトと暗黒の宇宙神話入門- 収録内容 史上最小の神話賞発表なども ▲収録内容 史上最小の神話賞発表なども メロンブックス秋葉原店 150冊くらいまだ積まれてた ▲メロンブックス秋葉原店 150冊くらいまだ積まれてた

ネクロノミコン・完全版(邦訳版)「魔道書もDSの時代ですよね!」 けしからん水着のブックカバーもある「なのはStrikerS THE COMICS」 1巻 これがアキバのレールクイーン「鉄道むすめ」フィギュア付き書籍2冊発売
学研 クトゥルー神話の本 魔法少女リリカルなのはStrikerS THE COMICS 1 クトゥルー神話の本が発売に至るまで (妖怪ブックブログ) カバーとカラー口絵が非常にカッコいいので許して (黒い森の祠) クトゥルー神話の本 (PROJECT 2044 (CTHULHU REBIRTH IN JAPAN)) かっちょええ、ラヴクラフトの表紙で思わずジャケ買い。 (Vradの備忘録) 買っちゃいました♪『クトゥルー神話の本』(学研)。 (びぶろぐ) クトゥルー神話とは (はてなダイアリー) クトゥルフ神話 (Wikipedia) クトゥルー神話 (金魚の昼ねROOM)