未分類

第52回maroのアキバ食べ歩き日記帖 蕎麦屋 更科

 
 アキバ食べ歩き52回目は、前回のカフェレストランTanimaがあるビルの1Fにある、蕎麦や「更科」です(マップ)。入り口が薄暗く、さらに更科のちょうちんの横に設置してあるモニターでは、地下のヒロイン特撮研究所の露出の多い女性の映像が流れているので入りにくさ倍増といった感じです。  店外からの印象は「ここにホントにあるの?」とか「ホントにやってるの?」と言った感じで、まずその薄暗い廊下に入るのが怖く、店内に誰もいないとさらに怖いといった2重の恐怖がありました。一応暖簾もあるし、営業中の札も出ていたので頑張って中に入ることに。  入り口は以外にも自動ドアで奥側の暖簾から入ります。店内は4人がけテーブルが9卓あって、一部席が欠けていたので34席ほどでした。2Fにあるカフェレストラン タニマ同様、縦長に伸びていて奥行きがありました。灰皿が全席に置かれていたので喫煙はどこでも平気みたいです。
更科の入り口 地下にはヒロイン特撮研究所 ▲更科の入り口 地下にはヒロイン特撮研究所 手前のノレンはダミー 奥が入り口です ▲手前のノレンはダミー 奥が入り口です 店内の様子 縦長で奥にはテレビ ▲店内の様子 縦長で奥にはテレビ
オススメメニュー700円から900円くらい ▲オススメメニュー700円から900円くらい 献立 そば・うどん・丼からラーメンまで ▲献立 そば・うどん・丼からラーメンまで 壁にもメニュー 新聞の切り抜きがあるメニューも ▲壁にもメニュー 新聞の切り抜きがあるメニューも
 テーブルの上にはそれぞれオススメメニューがおかれていてカレイの煮付け・うどん付700円、そば・カレーライスセット750円などがあります。そば付き、うどん付きなどがそれぞれに書かれていないので勘違いするかもしれませんが、丼モノは全部そば・うどんとのセットになっています。  壁にもメニュー(御献立)があり、そば、うどんのオーソドックスなものからセットメニュー、御飯物、中華そば、季節ものなどがありました。めん類に力うどんが2つかかれていたり、珍しい?開化丼(Wikipedia-他人丼)などもありました。  もりそばは、そばが絡みついていてダマ状態になってなかなか一すくいでソバツユにつけられず、一人で苦戦していました。カレーは、もし私の味覚が正常であるならば、味がほとんどしない辛いだけのカレーでした。タマネギやにんじんなどの素材の味が生きていました…。
接客:★★☆☆☆ 料理: ★★☆☆☆ 雰囲気:★☆☆☆☆ コスト: ★★★☆☆ 総評: ★★☆☆☆
もりそばとカレーライスセット ▲もりそばとカレーライスセット もりそば 絡み付いててなかなか取れない ▲もりそば 絡み付いててなかなか取れない 味がない辛いだけのカレー… ▲味がない辛いだけのカレー…