未分類

「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」発売 ゲームは一日十二時間くらいだ!

 
 10月18日の時点で予約が6万件を超えていた、「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」が15日に発売日を迎えた。有野課長がゲーム制作をプロデュースし、「ゲームinゲーム」が謳われているもので、ソフマップのゲーム紹介POPは『まったりと遊ぶのがオススメな、そんなゲームですw』とのこと。
ゲームセンターCX 有野の挑戦状 発売 ▲ゲームセンターCX 有野の挑戦状 発売
ソフマップAM館POP『まったりと遊ぶのがオススメな、そんなゲームですw』 ▲ソフマップAM館POP『まったりと遊ぶのがオススメな、そんなゲームですw』
 有野課長がゲーム制作をプロデュースした「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」が15日に発売された。ゲームセンターCX第7シーズンの番組中にゲーム制作課程も公開されていて、バンダイナムコの有野課長の名刺も同梱されていた。  ゲームセンターCX 有野の挑戦状は『ファミコンをこよなく愛した世代に圧倒的な支持を受ける大人気ゲームバラエティ番組『ゲームセンターCX』が奇跡のゲーム化!ファミコン全盛期の80年代を髣髴とさせる「懐かしくも新しい」様々なジャンルのレトロ風ゲームが収録され、ゲーム内でゲームを自由に選び楽しむことが出来ます。』というもので、ゲーム内でゲームをするというコンセプト。  ゲームセンターCX 有野の挑戦状は、デイリースポーツオンラインによると、10月18日の時点で予約が6万件を突破していたみたいで、『「有野のソフトならハズレがない」と全国のゲーマーが注目した結果だ』とのこと。  プレイ感想はROやったり覇王を目指したりするブログさん『とりあえず最近買った中では当たりのゲームだった。』、これって何か、よくないっスか?さん『何十年振りにでたファミコンの新作を彷彿とさせて、それほど難しくもなく、結構ハマると思います。』などがあった。
課長POP「ゲームは一日十二時間くらいだ!」 ▲課長POP「ゲームは一日十二時間くらいだ!」 課長POP「くぐれ!(スタッフ)」 ▲課長POP「くぐれ!(スタッフ)」 課長POP「バスコーンやったった!」 ▲課長POP「バスコーンやったった!」
バンダイナムコゲームス 課長 有野晋哉の名刺 ▲バンダイナムコゲームス 課長 有野晋哉の名刺 有野課長がゲームをプロデュース ▲有野課長がゲームをプロデュース ファミ通新作ゲームクロスレビュー 8・8・8・9 ▲ファミ通新作ゲームクロスレビュー 8・8・8・9
ゲームPV ゲームまおう アリーノー ▲ゲームPV ゲームまおう アリーノー
Game in Game「COSMIC GATE」 ▲Game in Game「COSMIC GATE」 Game in Game「からくり忍者ハグルマン」 ▲Game in Game「からくり忍者ハグルマン」 Game in Game「GUADIA QUEST 異界の王の宴」 ▲Game in Game「GUADIA QUEST 異界の王の宴」
ソフマップアミューズメント館 ▲ソフマップアミューズメント館 アソビットゲームシティ ▲アソビットゲームシティ ゲーマーズ本店 ▲ゲーマーズ本店

「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」の中身 課長名刺もあった CONTINUE ゲームセンターCX特集「歴代ADが番組のウラ側を全告白!」
ゲームセンターCX (フジTV) ゲームセンターCX 有野の挑戦状 (バンダイナムコ) バンダイナムコゲームス DSゲームレビュー 見た目はレトロ、でも中身は「時代を浮き彫りにした」 (Impress) 『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』明日発売、詳細を紹介 (iNSIDE) DS「ゲームセンターCX有野の挑戦状」に予約6万件 (ダメ人間万歳-人生ロスタイム-) 『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』 ファーストインプレッション (セグメントゲームズ) ゲームセンターCX 有野の挑戦状 (White Cubic Room ) DS ゲームセンターCX購入 (ROやったり覇王を目指したりするブログ) 「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」を語ってみる (これって何か、よくないっスか?) ゲームセンターCX (Wikipedia) ゲームセンターCXの放送内容 ゲームセンターCXとは (はてなアイアリー) ゲームセンターCX用語集 @wiki