未分類

第55回maroのアキバ食べ歩き日記帖 中華そば日高屋中央通店

 
 アキバ食べ歩き55回目は、都内に90箇所の店舗がある、ラーメンチェーン店日高屋中央通店です(マップ)。53回目、54回目と続いて3回連続チェーン店のレポートとなることを先にお詫びしておきます。ちなみにこのあたりまでくると秋葉原駅より東京メトロの末広町駅のほうが近かったりもします。  日高屋さんは昼前から深夜まで営業されているラーメン店なので夜にふとラーメンが食べたくなった、そんなときに気軽に行くことができるところです。飲み会の後なんかにも油っぽいラーメンが食べたくなったら駆け込んでみるのもありかも。  店頭には「30円お得!」と書かれている温玉旨辛いラーメンセットの看板がありました。セットの内容は温玉辛旨ラーメン、半ライス、野菜餃子で、720円になります。これが期間限定でやっているみたいで、通常時は750円となるみたいです。
店頭サンプル1 ▲店頭サンプル1 店頭サンプル2 ▲店頭サンプル2 店頭看板 温玉旨辛ラーメンセット ▲店頭看板 温玉旨辛ラーメンセット
 店内は広くなっていて、カウンター席とテーブル席があります。仕切りも多いので周りを気にせず食事がすることができそうです。メニューはさすがチェーン店といった感じで安く・種類が豊富でした。また、セットの内容も結構濃い感じです。  今回注文したのは、店頭にあった看板で「30円お得!」と書かれていた温玉旨辛ラーメンセットです。30円惜しさに選んだわけではなく、この日が雨で寒かったので辛いものであったまろうという魂胆があったからです。
店内の一部 もっと広いです ▲店内の一部 もっと広いです 店内メニューは種類が豊富 さすがチェーン店 ▲店内メニューは種類が豊富 さすがチェーン店 温玉旨辛ラーメンセット ▲温玉旨辛ラーメンセット
 旨辛ラーメンと温玉は別々に運ばれてきて、自分でタマゴを割ってのせるというものでした。自分の好きなタイミングで入れられるというのはいいと思いますが、最初から入っててもいいじゃないと思うのは私だけではないはず…。  温玉旨辛ラーメンは、一見坦々麺みたいなかんじですが、ラーメンの上にのっているのは甘辛く味付けされたアンです。なのでスープ全体が辛いわけではなく、アン部分のみが甘辛いものになっていました。最初はそれほど辛くないかな、と思いながら食べていましたが、後半くらいになるとだんだんと辛さで味がわからなくなりつつありましたが、御飯は進みました。ラーメンの麺はチェーン店特有の大量生産されていそうな細いタマゴ麺で、食感もそれほど特徴があるものでもありません。
接客:★★★☆☆ 料理: ★★★☆☆ 雰囲気:★★★☆☆ コスト: ★★★★☆ 総評: ★★★☆☆
旨辛ラーメンに温玉のっけてみました ▲旨辛ラーメンに温玉のっけてみました