未分類

第56回maroのアキバ食べ歩き日記帖 中華風居酒屋 鹿鳴園

 
 アキバ食べ歩き56回目は、アキバのはずれの隅っこのほうにある中華風居酒屋鹿鳴園です(マップ)。お店の場所は中央通り沿いではなく、蔵前橋通り沿いになります。店名が居酒屋と書かれていますが、お昼にはランチもやっています。店頭には張り紙もあり、夜には宴会などもできるようです。  店頭の外看板には写真付きメニューがあり、お酒のおつまみ系一品料理がありました。さらにその看板には張り紙で「12月期間限定新ランチメニュー」もありました。肉野菜セット(680円→650円)、広東面セット(750円→720円)、タンタンメンセット(750円→720円)、日替わりセット(700円→680円)など、大体のものが値引きされていました。  また、鹿鳴園では「コーヒー無料・チャーハン580円、ご飯お代わり自由」があちこちで見かけられますが、コーヒーはセルフサービスで、2階にのみ設置されているみたいです。今回は2Fに行くことは無かったので、セルフサービスのコーヒーがどのようなものかはレポートすることはできませんでした。
12月期間限定新ランチメニュー ▲12月期間限定新ランチメニュー 外看板の写真付きメニュー ▲外看板の写真付きメニュー コーヒー無料・チャーハン580円・御飯お代わり自由 ▲コーヒー無料・チャーハン580円・御飯お代わり自由
 1F店内は狭いつくりになっていて、カウンター3席、4人席2卓のみになっていました。宴会が開けるということなので、2Fはこの倍以上はあるのではないでしょうか。カウンター側の一番奥には紹興酒のキャップがうずたかく積み上げられていて、その光景はちょっと笑えます。  今回注文したものは日替わりセットで、この日は「タマネギ肉炒」です。日替わりメニューが書いてあるところでは『風邪予防料理です!』と書かれていました。タマネギにそういう成分が入っているのかもしれません。
店内1Fの様子 ▲店内1Fの様子 カウンター上部には一品物メニュー 夜用? ▲カウンター上部には一品物メニュー 夜用? 積まれている紹興酒のキャップ ▲積まれている紹興酒のキャップ
 日替わりセットには、ライス、スープ、緒進行、サラダ、デザートが付いてきます。ライスははみ出るくらいに山盛り、スープはタマゴスープ、デザートは杏仁豆腐、サラダはキャベツの千切りに中華風ドレッシングをかけたものでした。  メインとなるタマネギ肉炒めは油多めで、皿の下のほうにギトギトしたのが少したまっていました。見た目はチンジャオロースみたいです。味は予想通りというか濃いめでしたが、デザートの杏仁豆腐でさっぱり流れるくらいです。
接客:★★★★★ 料理: ★★★☆☆ 雰囲気:★★★☆☆ コスト: ★★★★☆ 総評: ★★★★☆
タマネギ肉炒め チンジャオロース(青椒肉絲)みたいな見た目 ▲タマネギ肉炒め チンジャオロース(青椒肉絲)みたいな見た目