未分類

月刊少年ガンガン1月号 大ボリュームだけどコミケカタログより400g軽い

 
 Wikipediaでは『その厚さから「人を殺せる」「月刊少年鈍器」と冗談で言われることがある。』とされる月刊少年ガンガンは、以前「人が殺せるほど分厚い」とゲーマーズ本店でPOPが付いた事があったけど、とらのあな秋葉原一号店では『大ボリュームの935ページ!だけどコミケカタログより400g軽い!』としていた。
「人を殺せる」「月刊少年鈍器」月刊少年ガンガン2008年1月号 発売 ▲「人を殺せる」「月刊少年鈍器」月刊少年ガンガン2008年1月号 発売
 付録に鋼の錬金術師「ハガレンかるた」2種や、ドラゴンクエストモンスターバトルロードガンガンEDITIONがある、月刊少年ガンガン2008年1月号が12日に発売された。  月刊少年ガンガンは、Wikipediaで『一時期1000ページを超えたこともある。その厚さから「人を殺せる」「月刊少年鈍器」と冗談で言われることがある。(実際にCMで「ガンガンを人の体に落とすと危険」というギャグを使ったこともある)特大号と付く号は今も1000P越えをする。』、はてなダイアリーで『日本一アツい雑誌。』と書かれている雑誌で、2008年1月号は935ページで1000P越えには至らなかった。  8日に発売されたコミックマーケット73の冊子版カタログを店内ではかりにのせ、『今年のカタログは1.7キロ!?』として展示をしていたとらのあな秋葉原一号店の月刊少年ガンガンPOPは『大ボリュームの935ページ!!だけどコミケカタログより400g軽い!!』を訴求していた。  実際にコミックマーケット73冊子版カタログと月刊少年ガンガン2008年1月号を並べてみたけど、ガンガンの方が分厚かったが、持ち比べてみると重量感はカタログのほうがあった気がする。トライぱにッシャ~さん曰く『ガンガンは内容は薄いのにページが厚いんですよね 』とのこと。
大ボリュームの935ページ!だけどコミケカタログより400g軽い! ▲大ボリュームの935ページ!だけどコミケカタログより400g軽い!
(左)コミケカタログ 約1.7kg (右)月刊少年ガンガン 約1.3kg ▲(左)コミケカタログ 約1.7kg (右)月刊少年ガンガン 約1.3kg

コミックマーケット73冊子版カタログ発売 特典「初音ミク」のところは完売 コミックマーケット72 冊子版カタログ発売 背表紙はポケモンとデジモン MHP2の攻略本が950ページ「もうココまでくると、ブロック。」 「ジェイソンたんの誕生日だから彼に月刊少年ガンガンをプレゼントしたい」 デスティニー2の攻略本「これはもはや攻略本にあらず!」
月刊少年ガンガン 重さ1.7kg「コミックマーケット73カタログ 冊子版」発売 (萌えよ!アキバ人ブログ) ガンガンは内容は薄いのにページが厚いんですよね (トライぱにッシャ~) 11/21業務日誌:ガンガンよりも人を殺せそうなCancam (らじかる☆ちゃんねる ) 月刊少年ガンガン (Wikipedia) 月刊少年ガンガン (はてなダイアリー) コミックマーケット公式サイト