未分類

第61回maroのアキバ食べ歩き日記帖 喰麺屋 冬馬(北海道岩見沢生まれ)

 
 アキバ食べ歩き61回目は、秋葉原にあるラーメン屋「喰麺家 冬馬」です。昌平小学校の裏側の通りに入り口があり、店頭には暖簾・提燈・看板がありますが、店自体が少し引っ込んでいるので近づかないと見つけにくいかも。昼時になるとたまに行列が出来ていることもあります。  店頭には写真付のメニューとセットメニューやビールのおつまみが書かれた手書きのメニュー、冬馬のおすすめなどがあります。おすすめはみそらーめん、塩らーめん、みそとん辛の3つみたいです。  冬馬の店頭には『北海道岩見沢の冬はとても寒く、その地で生まれた冬馬のラーメンは味だけでなくスープの温度にも「こだわり」を持っています。秋葉原の寒い季節にも冬馬の熱々のスープがお客様の心まで温めてくれるものと信じております。』の文章が書かれています。かなりの自信があるようです。
喰麺家 冬馬 店頭 ▲喰麺家 冬馬 店頭 北海道岩見沢 おすすめみそらーめん ▲北海道岩見沢 おすすめみそらーめん 店頭メニュー(写真付) ▲店頭メニュー(写真付)
 店内は見た限り全席カウンターでテーブルはありませんでしたが、いくつかの島に別れていました。カウンターにはとんこつらーめん屋によく見られる紅しょうがが置かれていましたが、摩り下ろしにんにくはありませんでした。また、ご飯は契約農家から取り寄せて自家精米しているとのポスターが店内にありました。  今回注文したものは、店頭にあったオススメにある、みそ・しお・みそとん辛を華麗にスルーしてみそとんこつらーめんにしました。写真をとっていながらとんこつセットに気がつかなかったのは痛かった…。さばぶしふりかけご飯食べてみたかったです。
冬馬のおすすめ みそ・しお・みそとん辛 ▲冬馬のおすすめ みそ・しお・みそとん辛 店内の様子 ▲店内の様子 とんこつセット・おつまみ・ごはんもの・つけ麺 ▲とんこつセット・おつまみ・ごはんもの・つけ麺
 みそとんこつらーめんの麺は黄色いちぢれ麺で、あまり油こってりではないスープにもよく絡み付いていました。スープは濃すぎず、薄すぎずで飛び出た味ではないですが最後まで飽きずに飲めるものです。そんなに熱々ではないですが、やけどしないくらいには熱かったです。具はネギ、メンマ、薄切りチャーシュー、わかめ、味玉(半分)、白ごまがあります。  替え玉があるかどうかの確認を忘れてしまいましたが、大盛りがあるのでおそらくそちらで対応されていると思います。
喰麺家 冬馬 みそとんこつらーめん ネギ・メンマ・わかめ・薄切りチャーシュー・味玉(半) ▲喰麺家 冬馬 みそとんこつらーめん ネギ・メンマ・わかめ・薄切りチャーシュー・味玉(半)