未分類

第64回maroのアキバ食べ歩き日記帖 廻る元祖寿司中央通店

 
 アキバ食べ歩き64回目は、過去に秋葉原の別店舗には行きましたが、廻る元祖寿司 秋葉原中央通店です。こちらは昔はコーヒーショップだったのですが、改装され去年オープンしました。元祖寿司にはサービス品目がありますが、この日はサービストロが99円になっていました。店内はカオスでした。  アキバにある回転寿司といったら元祖寿司というくらい定着しているみたいです。観光客の外国人が2~3組くらいじっと怖い目で廻るお皿を観察しているのも面白いです。外国人といったら店員のお姉さんもちょっとカタコト入ったアジア系。  店頭は赤い字で「本まぐろ 赤身210円」「本まぐろ 中トロ 399円」「本まぐろ 大トロ 525円」と、本まぐろが強調されています。他にもいくら、えんがわ、はまち、真だい、まぐろが130円になっています。入り口には「寿司職人急募」の張り紙があって、正社員20名(40万円以上)・寿司職人20名(出勤日:自由、給与日払い)などがあります。首都圏にまた新しくお店開くのでしょうか。
サービス:トロ(99円) ▲サービス:トロ(99円) 赤身210→中トロ399→大トロ525 ▲赤身210→中トロ399→大トロ525 店内 お皿回ってます ▲店内 お皿回ってます
 店内は奥に長細く、全てカウンター席となっています。お皿が目の前を通り過ぎていく様はまさに回転寿司。もちろん、注文してお好みのお寿司を食べることもできますが、品切れや季節限定のものもあるみたいです。  カウンターにはメニューと、どのお皿がどれくらいの値段なのかが書かれたもの、粉末茶(緑茶と玄米茶の2種)、ガリ、湯呑がおかれています。まずは粉末茶を湯飲みに入れてお湯を注ぎましょう。醤油を注したら準備OKです。好きなものから食べましょう。
メニュー 汁物もあり ▲メニュー 汁物もあり お皿のレベル 左に行くほど高い ▲お皿のレベル 左に行くほど高い 粉末茶 緑茶と玄米茶の2種 ▲粉末茶 緑茶と玄米茶の2種
 前回は大将にオススメなんかを聞いてみたりもしましたが、今回は眼にとまったものをドンドン食べます。お皿の値段は注意しつつ…。回転寿司なので廻りが長いとネタも乾燥してきてしまいますが、それすらも無視して黙々と食べましょう。  サービス品のトロはよくはけるのか、常に4~5皿は廻っている様子。そのうちのひとつを取って食べてみると、思ったほど脂身は少ない。変わって大トロに手を伸ばす勇気がなかったので中トロ。しっとりとして口の中で溶ける感じはあるけど、本当に本マグロかどうかは違いがわかりませんでした。  途中で炙りイカが品切れになると大将と店員のやり取りが非常に殺伐に…。それがわかっていない外国人観光客は黙々と廻るお皿を見つめてる。カオスっぷりが廻る元祖寿司。
サーモン ▲サーモン たこ ▲たこ いか ▲いか
たまご ▲たまご 甘エビ ▲甘エビ ホタテ ▲ホタテ
炙りイカ ▲炙りイカ ツナサラダ ▲ツナサラダ 生牡蠣 ▲生牡蠣
サービスのトロ 99円 脂身少な目 ▲サービスのトロ 99円 脂身少な目
本マグロ 中トロ 本当に本マグロかどうかは区別が付きませんでした ▲本マグロ 中トロ 本当に本マグロかどうかは区別が付きませんでした