未分類

エマ10巻発売「遂に感動のフィナーレ。感無量の最終巻」

 
 25日発売予定の森薫氏のエマ10巻(最終巻)が22日からとらのあな秋葉原一号店で並んでいた。10巻には描き下ろし「エレノアの後日談6ページ」「最終話 全3幕」などが掲載されている。オビでは『ふたりの結婚式が開かれる感無量の最終巻』が謳われ表紙にはエマとウィリアムが描かれている。
エマ10巻発売「遂に感動のフィナーレ。」とらのあな秋葉原一号店 ▲エマ10巻発売「遂に感動のフィナーレ。」とらのあな秋葉原一号店
 エマ10巻(最終巻)がエンターブレインでは25日発売になっていたけど、22日にはとらのあな秋葉原一号店に並んでいた。10巻には描き下ろしエレノアの後日談6ページや最終話全3幕などが収録されている。  エマは作者の作品紹介では『19世紀末英国、産業革命以後に全盛を極めた華やかなりしヴィクトリア朝ロンドンを舞台に、メイドのエマと貴族のウィリアムとの身分違いの恋を描くラブ・ロマンス漫画。』で最終巻となる10巻は『本篇~番外篇と続いてきた今シリーズも、いよいよ最終巻!』。  10巻の感想にはホップバイホップver.2さん『最後はエマとウィリアムとの結婚式のエピソードで大団円で終了。こちらまで幸せをもらえそうなお話で、言い終わり方ですね。』、アーリオオーリオ トゥリさん『エマ、ウィリアムだけに焦点を当てず各キャラを魅せる演出はさすが。もっとこの世界観に浸っていたいのですが残念ながら終わりということで。』など。
エマ10巻(最終巻) ▲エマ10巻(最終巻) ふたりの結婚式が開かれる 感無量の最終巻 ▲ふたりの結婚式が開かれる 感無量の最終巻 新時代エドワード朝へ 感無量の最終巻! ▲新時代エドワード朝へ 感無量の最終巻!
メロンブックス秋葉原店 ▲メロンブックス秋葉原店 とらのあな秋葉原一号店 ▲とらのあな秋葉原一号店 ゲーマーズ本店 ▲ゲーマーズ本店
リンク
エマ10巻 (エンターブレイン) 空間コミックビーム 「エマ」作品紹介 伯 爵 夫 人 の 昼 食 会 (森薫) ヘリオトロープ (森薫の落書き置き場) エマ10巻。ついに完結の最終巻。 (ホップバイホップver.2) 漫画 エマ ⑩ (アーリオオーリオ トゥリ) マンガと差別問題「エマ」 エマ (Wikipedia)