未分類

第二世代第14弾「ラゼンガン」、「YF-19」、「YF-21」サンプル展示

 
「ラゼンガン」、「YF-19」、「YF-21」展示 毎月15日に発売されている海洋堂リボルテックシリーズの6月15日に発売が予定されている第二世代ヤマグチシリーズ第14弾が海洋堂ホビーロビーにて展示中。第14弾は「天元突破グレンラガン」から「No.052 ラゼンガン」、「マクロスプラス」から「No.053 YF-19/イサム機」、「No.054 YF-21/ガルド機」が登場。  「ラゼンガン」とは、「天元突破グレンラガン」に登場するロボット(ガンメン)の一つ。螺旋王・ロージェノムの螺旋の戦士時代からの愛機である漆黒のガンメンで、姿や全身から伸びるドリルを武器とするなどグレンラガンに酷似する点が多い。ロージェノムの莫大な螺旋力と相まって、グレンラガンを圧倒する戦闘力を発揮した。  「No.052 ラゼンガン」は、海洋堂ミュージアムストアによると『「天元突破グレンラガン」シリーズ第二弾、ラゼンガンがリボルテック化。グレンラガンを凌駕する運動性能を発揮させるため、11箇所にリボルバージョイントを投入し、全身38箇所可動を実現しました。本編中で見られた鋭敏なアクションが楽しめます。』。  『胸部フェイスは部品差し換えにより、劇中同様に平常時と露出時のどちらも再現可能。尻尾基部にもジョイントを搭載し、多彩な表情を生み出します。』と紹介されている。  また、特別ボーナスパーツとしてグレンウィングの基部パーツを付属しており、後に発売される製品に付属する予定の両ウィングを集めると「No.050 グレンラガン」を飛行形態にすることができる。
▲No.052 ラゼンガン 漆黒のガンメン ▲漆黒のガンメン 長距離攻撃型ドリル付属 ▲長距離攻撃型ドリル付属
特製ボーナスパーツ付き ▲特製ボーナスパーツ付き ▲パッケージ ▲予約受付中
 「YF-19/イサム機」とは、「マクロスプラス」の主人公であるイサム・ダイソンが搭乗した新型可変戦闘機。「マクロス7」に登場する可変戦闘機「VF-19 エクスカリバー」の試作機にあたる。なお、劇中でイサムが搭乗したYF-19は2号機という設定である。  「No.053 YF-19/イサム機」は、海洋堂ミュージアムストアによると『次世代型の全領域可変戦闘機YF-19は、劇中ではファイターおよびガウォークモードへ変形しますが、リボルテックではバトロイド形態でのアクションのみに特化してフィギュア化しています。リボルバージョイントを13箇所に投入し、全身43箇所の可動を実現。YF-19が劇中で見せるアクションも、アクティブかつ軽やかに再現可能です。』。  『ファストパック装着時を再現するために、脚部プロペラントタンクと肩アーマーが付属、バリエーション形態も再現可能。劇中で効果的な演出を見せたピンポイントバリアとガンポッド、4種のオプションハンドが付属し、ポージングの幅を広げます。』と紹介されている。
No.053 YF-19/イサム機 ▲No.053 YF-19/イサム機 VF-19試作機 ▲VF-19試作機 ピンポイントバリア ▲ピンポイントバリア
脚部・肩部アーマー付属 ▲脚部・肩部アーマー付属 ▲パッケージ ▲予約受付中
 「YF-21/ガルド機」とは、「マクロスプラス」の主人公・イサムのライバルであるガルド・ゴア・ボーマンが搭乗した新型可変戦闘機。「マクロス7」に登場する可変戦闘機「VF-22 シュトゥルムフォーゲルII」の試作機にあたる。YF-19とは統合軍の採用コンペティションを競い合った。  「No.054 YF-21/ガルド機」は、海洋堂ミュージアムストアによると『次世代型の全領域可変戦闘機YF-21は、劇中ではファイターおよびガウォークモードへ変形しますが、リボルテックではバトロイド形態でのアクションのみに特化してフィギュア化しています。リボルバージョイントを14箇所へ投入し、全身46箇所の可動を実現。YF-21が劇中で見せるアクションも、パワフルかつハードに再現可能です。』。  『ファストパック装着時を再現するために、腕部と脚部の各アーマーが付属、バリエーション形態も再現可能。劇中で効果的な演出を見せたピンポイントバリアとガンポッド、4種のオプションハンドが付属し、ポージングの幅を広げます。』と紹介されている。
No.054 YF-21/ガルド機 ▲No.054 YF-21/ガルド機 VF-22試作機 ▲VF-22試作機 ピンポイントバリア ▲ピンポイントバリア
ファストパック装着 ▲ファストパック装着 ▲パッケージ ▲予約受付中
原型師名:山口勝久 スケール:ノンスケール 全高: ・「No.052 ラゼンガン」:約125㎜ ・「No.053 YF-19/イサム機」:約95㎜ ・「No.054 YF-21/ガルド機」:約100㎜ 素材/成型:PVC/ABS 可動箇所: ・「No.052 ラゼンガン」:全身38ヶ所 ・「No.053 YF-19/イサム機」:全身43ヶ所 ・「No.054 YF-21/ガルド機」:全身46ヶ所 リボルバージョイント: ・「No.052 ラゼンガン」:11ヶ所 ・「No.053 YF-19/イサム機」:13ヶ所 ・「No.054 YF-21/ガルド機」:14ヶ所 キットタイプ:アクションフィギュア・完成品 価格:1,995円(税込)
関連記事
第二世代第12弾「ジュン」&「スズキ」発売!+「トロ」&「クロ」再販! フレンドショップ限定版「スーパーバルキリーVF-1J/マックス機」展示 リボルテックシリーズ3年目へ!第13弾「グレンラガン」&「リガード」展示 第二世代第11弾「スタースクリーム」&「ホットロディマス」発売 第二世代第10弾「ブラックオックス」&「グリフォン アクアユニット装備」発売 第二世代第9弾「劇場版イングラム1号機、2号機」&「鉄人28号」発売 第二世代第8弾「ヘルダイバー」&「ブロッケン通常版、初期OVA版」発売 第二世代第7弾「劇場版 VF-1A」&「ガイキング フェイスオープン」発売 第二世代第6弾「ストライクバルキリーVF-1S」&「真ゲッター1」発売 第二世代第5弾「スーパーバルキリーVF-1J」&「ブラックゲッター」発売 第二世代ヤマグチシリーズ第4弾!新劇場版エヴァから3アイテムが発売 第二世代第3弾「No.030 ディスヌフ」「No.031 OVA版ゲッター1」発売 第二世代第2弾は「F型装備 エヴァ初号機」と、まさかの「井上トロ」「クロ」! リボルテック第二世代ヤマグチシリーズは「旧劇場版エヴァ」で幕開け!
リンク
海洋堂 リボルテックシリーズ REVOLTECH EXPRESS 海洋堂ホビーロビー 天元突破グレンラガン マクロスプラス