未分類

何かの間違いで入荷?「カレセン」でも“売れてるんですよ”

 
何かの間違いで入荷?「カレセン」でも“売れてるんですよ” ゲーマーズ6Fにある女性向けのコーナーで「カレセン」という本にPOPが付いているのに気が付いた。POPには『何かの間ちがいで入荷したのかと思いきやそうでもなかった!!』としてあり、スタッフに話を聞くと、写真とか話とか色々載っているとのことで、最初は本当に売れるのかな?と思っていたらしい。
「Do You Like オジサン?」ゲーマーズに「カレセン」の本「何かの間ちがいで入荷したのかと思いきやそうでもなかった!!」 ▲「Do You Like オジサン?」ゲーマーズに「カレセン」の本 「何かの間ちがいで入荷したのかと思いきやそうでもなかった!!」
 「カレセン」は、Yahoo!辞書によると『漢字で書くと「枯れ専」。50~60歳の「枯れたオジサン」たちに惹かれる30代の女性をさす。いわゆる「ちょいワルオヤジ」ではなく、本当に枯れているオジサンが好きなのである』と説明しており、アスペクトの商品紹介では『今、いちばん魅力的で、恋の駆け引きに疲れた女子の心を癒してくれるのは、人生の荒波で湯通しされて、すっかり油の抜け落ちた「枯れた」オジサマたち』としていた。  本のオビによると『男は枯れてナンボでしょ?』『ちょいワルオヤジはもう古い!今、枯れたおじさんがステキです』との事で、裏表紙側には『使用上の注意』として、『おじさんの読む本ではありません。女子の読む本です』としてあり、収録されている内容として、蟹江敬三氏等のインタビューや、描き下ろしの『枯れ』マンガ、『カレセン・バイブル』等としていた。  AKIHABARAゲーマーズにあったPOPでは、『カレセン!?』『何かの間ちがいで入荷したのかと思いきやそうでもなかった!!』としてあり、『売れてるんですよーびっくりです』となっていたが、スタッフ(女性)に聞くと「本当に何で入荷したか分からないんですよ」と話しており、全く売れないと思ったらしいが、買っていく人はいたとのことだった。
ちょいワルオヤジは古いらしい ▲ちょいワルオヤジは古いらしい 使用上の注意「不純な動機の方はご遠慮ください」 ▲使用上の注意「不純な動機の方はご遠慮ください」
ゲーマーズ6Fの女性向けコーナーにあった ▲ゲーマーズ6Fの女性向けコーナーにあった とらのあな本店女性向けフロア(3F)にも本があった「男の色気は50から!」 ▲とらのあな本店女性向けフロア(3F)にも本があった「男の色気は50から!」
関連記事
「ボーイズラブ大特集」ダ・ヴィンチ11月号がとらのあな一号店で売ってた 腐女子ブームから見る、とらのあなの新解釈「ヲタって萌えなんじゃね?」
リンク
ちょい悪、ギラギラはダメ 「枯れたおじさん」に萌えの時代 (J-CASTニュース) 「枯れたおじさま」に萌える女子たち (エキサイトニュース) カレセン(かれせん) (Yahoo!辞書) カレセン 枯れたおじさん専科 (ASPECT ONLINE)