未分類

コミケ1日目にアキバで見かけたラッピング(痛)バス

 
 コミックマーケット74の1日目が開催された15日に、アキバで見かけたラッピングバス(痛バス)をお伝えする。みかけたのは、島本氏のらき☆すた痛バス仕様アニ店特急2008と、プロジェクト「絶対衝激」のラッピングバスの2台。絶対衝激バスはCLANNADラッピングバスみたいにモニターがたくさん付いてた。
アニ店特急!(秋葉原行き)ラッピングバス 左側はらき☆すたOVA ▲アニ店特急!(秋葉原行き)ラッピングバス 左側はらき☆すたOVA
ラッピングバス 右側は島本氏の痛バス仕様 ▲ラッピングバス 右側は島本氏の痛バス仕様
こなたがビッグサイト→アキバをつなぐ ▲こなたがビッグサイト→アキバをつなぐ 柊姉妹部分が荷物入れに ▲柊姉妹部分が荷物入れに バス内では某店長氏 ▲バス内では某店長氏
 コミックマーケット84の1日目が開催された15日に、アキバの中央通りでアニ店特急2008夏と、プロジェクト「絶対衝激」のラッピングバス(痛バス)をみかけた。  アニ店特急2008夏は『コミケ会場から戦士達を次なる戦場へ送る炎の直行便』などを謳われており、コミケ会場からアニメイト池袋本店や秋葉原店に送ってくれるサービス。バス内でオリジナルDJラジオが流れ、到着店舗でラジオをCDでもらえる。ラッピングバスは島本氏の痛バス仕様となっていて、らき☆すたOVAの広告もあった。  プロジェクト「絶対衝激」は八宝備仁氏がデザインした10人のキャラクターが登場するメディアミックス作品で、ラッピングカーはCLANNADラッピングバスみたいにモニターがたくさん付いていた。コミケ期間(金曜・土曜)にアキバでラッピングバスを停めるみたいで、サンプリングもしていた。
メディアミックスで展開していくプロジェクト「絶対衝激」のラッピングバス ▲メディアミックスで展開していくプロジェクト「絶対衝激」のラッピングバス
バスにはたくさんのモニター 紙袋も配ってた ▲バスにはたくさんのモニター 紙袋も配ってた
後部分 ▲後部分 モニターが複数設置されている ▲モニターが複数設置されている コスプレイヤーが紙袋配ってた ▲コスプレイヤーが紙袋配ってた
配られていた紙袋 ▲配られていた紙袋 肩にかけて持っていく人 ▲肩にかけて持っていく人 撮影されていた外国の女性 ▲撮影されていた外国の女性
関連記事
「京アニがリメイクしてくれればいいのに」劇場版CLANNADキャンペーン コミケ->アキバ直行便、夜のアキバにめろバス出現 コミックマーケット特集一覧
リンク
アニ店特急2008夏 「アキバ・エクスプレス」は運休でも、「アニ店特急」は今年も走る 絶対衝激~プラトニックハート~ 絶対衝激 コミケ出展情報 アニメ、コミック、ブログパーツなどで展開予定の「絶対衝激~プラトニックハート~」プロジェクト (GIGAZINE) UMD 絶対衝激~プラトニックハート~ 一期一会 (八宝備仁) 痛車 (Wikipedia) 痛車とは (はてなダイアリー)