未分類

チャンピオンRED11月号発売 コスるとすっぽんぽんになる南極サクラ

 
チャンピオンRED11月号発売 コスるとすっぽんぽんになる南極サクラ 「ペンギン娘MAX」の南極サクラのフィギュアが付録になった「チャンピオンRED11月号」が発売された。今回の付録も以前と同様に温める水着が透ける仕様になっていたが、透けると今回もヤバイらしくとらのあなでは『ヤバイ付録のフィギュアが帰ってきた!』『ただ一言ゆうなれば…すっぽんぽん!』とPOPがあった。
「(倫理的に)ヤバイ付録のフィギュアが帰ってきた!」
温めると透けるフィギュアの「チャンピオンRED」が発売「すっぽんぽん!」 ▲「(倫理的に)ヤバイ付録のフィギュアが帰ってきた!」 温めると透けるフィギュアの「チャンピオンRED」が発売「すっぽんぽん!」
 「ペンギン娘MAX」の南極サクラのビキニ姿のフィギュアが付録になった「チャンピオンRED11月号」が発売された。以前発売された「チェンジング水着フィギュアコレクション」の2008年版のようだったが、透けるとヤバイらしく、とらのあなでは『あの(倫理的に)ヤバイ付録のフィギュアが帰ってきた!』とPOPを付けていた。  今月号(11月号)のチャンピオンREDは、WEBサイトによると表紙が秋からTVアニメも始まる「鉄のラインバレル」で、新連載としてHJ文庫の「いちばんうしろの大魔王」のコミカライズ等としており、付録のフィギュアは『指でこすると水着が消える!?業界騒然の超フィギュア2008年版、満を持して登場!!』としている。
アソビットゲームシティのPOP「コスルとヤヴァイゼ!」 ▲アソビットゲームシティのPOP「コスルとヤヴァイゼ!」 ゲーマーズのフィギュアの展示 ▲ゲーマーズのフィギュアの展示 チャンピオンRED11月号、表紙は「鉄のラインバレル」 ▲チャンピオンRED11月号、表紙は「鉄のラインバレル」
 フィギュアを展示していたのは、とらのあなとゲーマーズで、とらのあなではクリアケースに入れて展示をしており、温めて透けた南極サクラが全裸に見えるみたく『説明は不用…ただ一言ゆうなれば…すっぽんぽん!』とPOPにしていた。また、アソビットゲームシティでは、『エロさが足りないかなと思いきや逆にエロ過ぎでした!!』のPOPがあった。  あきばらいふさんではフィギュアのレビューをしており、『もうスジとかそういうレベルじゃねぇ・・・どう考えても「具」にしか見えねぇじゃねーか!』『暖めたらあの形がよりくっきりと浮き出てきやがった!・・・ぐはぁ!((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃』と下半身の造形の様子を伝えていた。
「ペンギン娘MAX」南極サクラを正面から ▲「ペンギン娘MAX」南極サクラを正面から 左から ▲左から 右から ▲右から
後ろ、フックの様なアホ毛も装備 ▲後ろ、フックの様なアホ毛も装備 下から、どう見ても「具」にしか見えない ▲下から、どう見ても「具」にしか見えない おっぱいのアップ「とても14歳とは思えない迫力あるデカメロン!いや!スイカップ!!」 ▲おっぱいのアップ「とても14歳とは思えない迫力あるデカメロン!いや!スイカップ!!
関連記事
チャンピオンRED1月号発売「チャンピオンRED恒例…透けるフィギュア!」 いちごVOL.5付録の二見さん尻あげスク水フィギュアに「さ、誘っているのか」 チャンピオンRED7月号 「超ドS娘マンガ”どみなのド!”連載開始!」 チャンピオンRED6月号発売 「付録DVDは某Tレンタルよりダンゼンお得!!」 チャンピオンREDいちごVol.9 付録ポスター「色々隠さないと展示できない」 チャンピオンREDいちごVol.8発売 「いちご編集部の脳は大丈夫なのか!?」 はいてないカレンダー付 チャンピオンREDいちごVol.07発売 チャンピオンREDいちごVol.5発売「早期完売は確実と予想しております」 完売御礼により隔月刊行化スタート チャンピオンREDいちごVol.2 ペンギン娘MAX1巻発売「8歳の幼女にだって容赦しないで乳首券発行!」 モノクロ→カラー修正もあるペンギン娘2巻発売 メロンは限定ブックカバー
リンク
チャンピオンRED2008年11月号特別付録「ペンギン娘MAX」南極さくらあきばらいふチャンピオンRED11月号 チャンピオンRED 秋田書店 鉄のラインバレル