未分類

第31回「ホビーアカデミー ガムシャラ」 引き続きドールコーナー拡大版!

 
「ホビーアカデミー ガムシャラ」第31回放送 <音泉>とアキバOSとの連動企画、インターネットラジオステーション<音泉>にて配信されているインターネットラジオ番組「ホビーアカデミー ガムシャラ」第31回放送の模様をパーソナリティ・ベガ氏がお伝えします。第31回放送は、前回に引き続きドールコーナー「リトルワールドへようこそ」拡大版をお届け!  みなさんガムシャラ~ッ、ホビーのことなら何でもお任せ!インターネットラジオ「ホビーアカデミーガムシャラ」のパーソナリティーベガです。  さて引き続きリトルワールド特集ということで、前回の分でデカールをはがしたドールに目のデカールを貼り直していきたいと思います。  早速ですが、前回デカールをはがしたヘッドとデカールを用意しましょう!そしてデカールの貼ってあった部分にシンナーを含ませた綿棒やティッシュで綺麗に拭いてあげましょう。こうしないとマークセッターなどが残っていると綺麗に貼ることができませんし、また指に付着していた油分などが付着していると、はがれやすくなってしまいますからね。
デカールを切り出して準備 ▲デカールを切り出して準備 ヘッドも用意して準備完了 ▲ヘッドも用意して準備完了
 ということでデカールを用意しましょう、画像のように、できるだけ余白を少なく切ると貼るときに綺麗に貼れますので、まずは大雑把にハサミでチョキチョキと切り離して、その後余分な部分をカッターなどで切り話すといいでしょう。  このときに気をつけてほしいのはデカールの印刷部分は非常にデリケートなのでカッターなどで傷をつけてしまうと印刷がはがれてしまいます。できるだけ丁寧に扱ってください、また余白を無くそうと切りすぎるとデカールの印刷部分まで切り離してしまいかねないので、気をつけましょう。
お馴染みのデカールトレイ ▲お馴染みのデカールトレイ マークソフター&マークセッター ▲マークソフター&マークセッター
 さて、ほかにも必要なものを前もって用意しておきましょう!デカールトレイとマークソフター&マークセッターです。デカールトレイは買わなくても小皿などでも代用できますが、あまり深さが無い物のほうがいいです。  もし小皿を使う時には柄の無いもののほうがデカールの状況が見やすくていいです。柄物でやるとデカールはどこいった…?となったり水の中でデカールがクシャっとなったときに直しづらいですからね。
シンナーの扱いには注意しましょう ▲シンナーの扱いには注意しましょう シンナーを含ませた綿棒で綺麗に ▲シンナーを含ませた綿棒で綺麗に
 さて、前述のとおりデカールを貼る面をシンナーを含ませた綿棒で綺麗にしましょう。シンナーを扱う時には少量づつ、必要な分だけ出して使うようにしましょう。そして換気を忘れないでくださいね。
デカールをトレイに入れて台紙からはがしましょう ▲デカールをトレイに入れて台紙からはがしましょう
 さて、デカールをトレイに入れてしばらくすると、台紙に水がしみ込みデカールののりが水によって溶けてきて台紙から自然とはがれてきます。このときに無理にはがそうとしたりしないでください、自然とはがれてくるのを待たないとデカールを破損させる原因になります。少し待ってもはがれてこないようであればトレイを揺らしてみてください、自然と台紙からはがれてくれるはずです。
デカールを張りたい場所にマークセッターを塗る ▲デカールを張りたい場所にマークセッターを塗る
 はがれてくるのを待つ間にヘッドのデカールを張りたい場所にマークセッターを塗りましょう。張りたい場所に少し広めに塗っておくといいのですが、あまり多く塗りすぎないでもだいじょうぶですので、薄く塗る程度で大丈夫です。
デカールがはがれたらOK ▲デカールがはがれたらOK 慣れてない人はピンセットや爪楊枝で ▲慣れてない人はピンセットや爪楊枝で
 と、待っているとデカールが台紙からはがれてきました。画像ではカッターでデカールを取り出していますが、これは慣れているからできることであって、皆さんはピンセットや爪楊枝などをつかってください。  この時も指でつまんだりしないでください、せっかくのデカールが破れてしまうからです。又、せっかくヘッドの油分を取ったのに、油分のついた指でデカールをさわってしまっては油分が残ってしまいますからね。
慎重にデカールの位置を調整 ▲慎重にデカールの位置を調整 デカール作業はスピードが命! ▲デカール作業はスピードが命!
 ゆっくりヘッドにデカールを移して、位置を固定していきます。この時デカールに付いた水はそのままにしておいてください、この水が潤滑液の役割をしてデカールのスムーズな移動を可能にしてくれます。  又、ここでもカッターを使ってデカールの位置を調整していますが、これもピンセットなどで行うと簡単に作業ができます。左右のバランスを後で調整することになるので、ここでは完全に位置をきめてしまわなくてもだいじょうぶですが、水が乾いてしまわないうちに作業しないといけないので、作業は迅速におこないましょう。
デカールの貼り位置を固定 ▲デカールの貼り位置を固定 逆さまにしたりして位置を確認 ▲逆さまにしたりして位置を確認
 デカールの貼り位置が決まったら一旦ヘッドを逆さまに持ってみたり鏡に映してみると左右の位置があっているかわかりやすくなります。右左にずれているという以外にもデカールの角度も重要で、目じりが上がっている、下がっている、というのも表情をつける大切な要素なので、これにも注意してみましょう。
目じりを上げれば印象も一転 ▲目じりを上げれば印象も一転
 例えとして、目じりを上げるために顔の中心に向かってデカールを回転させてみました。こうすると怒っているようにみえますよね?  又一般的に、この画像のように目じりが上がっていると怒っていたり勝気な表情で、目じりが下がっていると泣いていたり、柔和な顔になります。鼻を中心として、顔の上のほうに目があると大人っぽく、顔の下のほうに目があると子供っぽくなりますので、いろいろ試してみてはいかがでしょうか?
水分を綿棒で吸い取って ▲水分を綿棒で吸い取って マークソフターを上から塗ります ▲マークソフターを上から塗ります
 位置が決まったら水分を綿棒で吸い取ります、この時に無理に抑えたりしてしまうとデカールがずれるので、あくまで吸い取るようにしてください。  この段階ではデカールがヘッドの曲面に密着していないので、マークソフターをデカールの上から塗ります、この時もそれほど量は多くなくて大丈夫です、塗っているうちに自然とヘッドに密着してきますので、しばらく待ってから新しい綿棒で残った水分や余分なマークソフターを吸い取ってあげましょう。この時もあくまで吸い取るだけにしてくださいね。  もしデカールとヘッドの間に気泡や水が残っている場合はゆっくりと綿棒を転がすように気泡や水を外においだしてやりましょう。  口が造形されていないヘッドには口のデカールを貼る必要があるので、ここまでと同じように口も貼ってあげてくださいね。
スプレータイプのトップコート ▲スプレータイプのトップコート 髪の毛にかからないようにスプレー ▲髪の毛にかからないようにスプレー
 マークソフターやデカールに含まれた水分などが完全に乾いたら次の作業です。どうしてもヘッドとデカールは異なる素材なので、シールを貼ったようにみえてしまいます。これを自然に見せるためにスプレータイプのトップコートを使います。  髪の毛にこれがかかるとカピカピになってしまうので、髪の毛にスプレーをかけないように本当は紙などで型紙をつくるのですが、僕は面倒くさがりなので、いつもこんな風にしてやっています。悪い見本かもしれませんが、ごみが出ないので楽です…手はよごれますけどね。  このトップコートも揮発性なので換気をわすれないでください。吹いては乾かし、吹いては乾かしと2回~3回繰り返せば綺麗にデカールとヘッドの差がみえなくなります。  又あまり回数を重ねすぎるとヘッドの肌色が白っぽくなってしまい、ボディーとの色の差が出てしまうので、やりすぎには注意しましょう!  トップコートが乾いたらヘッドをボディーに差し込みます、この時ヘッドに無理な圧力をかけるとデカールがはがれる原因になるのでそっとやさしくやりましょう。又、27センチドールの中にはヘッドを差し込むピンが楔形状のものがあるので、前もってカッターなどで鉛筆のように円錐の形にしておけばさしこみやすくなりますよ。
ボディーにつけたら完成!すっかり綺麗になりました ▲ボディーにつけたら完成!すっかり綺麗になりました
 ということでボディーにつけたらハイ完成!  番組収録の時間でできるくらいの作業ですから、皆さんもお休みの時間といわず帰宅したらやってみるというように、まずは軽い気持ちでトライしてみてください。 気になる本編はコチラで! ▼番組情報 【タイトル】 「ホビーアカデミーガムシャラ」 【パーソナリティ】 ベガ 又吉愛 【配信日】 隔週 水曜更新! 【コーナー】 <ふつうのお便り> 普通のお便りを募集しています。 <ホビーにガムシャラ> みなさんから取り上げて欲しいホビーや、ゲストに対しての質問を募集します。 <君にガムシャラ> 皆さんが『こんな事をガムシャラにやっている』という行動や考えを募集します。 <ようこそLittle Worldへ> ドールについて、ベガさんが熱く語るコーナーです。質問や悩みを募集します。 【メールアドレス】 それぞれのコーナーへのお便りや番組へのご意見・ご質問はコチラ
関連記事
ホビーアカデミー ガムシャラ (連載)
リンク
インターネットラジオステーション<音泉> リトルワールド GEE!STORE