未分類

第96回maroのアキバ食べ歩き日記帖 らーめん康竜秋葉原駅前店

 
 アキバ食べ歩き96回目は、前回開店前の姿を紹介したJR秋葉原駅の駅近ラーメン店康竜です(Google map)。11月20日にオープンしたばかりで店頭では半替玉orめしorルイボスティーのサービス券付のポケットティッシュを配っていました。オープンしたばかりだからでしょうか、並んでいる人を見かけることも。  ラーメン康竜秋葉原駅前店は、その名のとおりJR秋葉原駅電気街口徒歩0分圏内にあり、2FがDVD屋で、旧石丸電気パソコン館の隣、ゲーマーズ本店の向かいに位置します。  店頭にはラーメン康竜の提灯や、英語、中国語、ハングル文字のメニューがあるという看板もありました。間違えないとは思いますが、赤い康竜の看板の隣にDVD店の「入り口はコチラ」に惑わされて無いように。
食券機は店頭にあります ▲食券機は店頭にあります 店内メニュー 写真付 ▲店内メニュー 写真付 お客様お好み表 好みに合わせて様々な味が楽しめます ▲お客様お好み表 好みに合わせて様々な味が楽しめます
 自動食券機は店頭に置かれています。基本的な自分仕立てラーメン、自分仕立てネギごまラーメン、ラーメン、ネギごまラーメンの写真はありますが、そのほかの写真はついていません。店内にあるメニューだとほぼすべてのメニューに写真付となっていました。  メニューは先述したラーメン4種にチャーシューメン1050円、味噌つけ麺850円、ご飯系でめし100円、かしわ飯200円、たまごかけ御飯250円、餃子300円などがあります。ラーメン系ではお客様お好み表が配られ、カウンターにあるペンで麺の硬さ、味の濃さ、油加減、博多ねぎ、旨味辛だれ、焼豚の6項目をチェックしていきます。また、自分仕立てラーメンでは8種のトッピングから4種を追加で選ぶことが出来ます。
店頭で配布されていたサービス券付ティッシュ ▲店頭で配布されていたサービス券付ティッシュ 半替玉100円、替玉200円でコイン式 ▲半替玉100円、替玉200円でコイン式 店内は全席カウンターみたいです ▲店内は全席カウンターみたいです
 今回注文したものは自分仕立てラーメンで麺の硬さは硬、味の濃さは普通、油加減普通、博多ねぎあり、旨味辛たれなし、焼豚あり、さらにトッピングできくらげ、特製メンマ、豚の角煮、揚げにんにくとなっています。スープは表面からの湯気は少ないですが、油によって熱が外に逃げないようになっているので最後まで温かく食べられます。角煮はもちもち食感、焼豚は多少ぱさつきがありました。

大きな地図で見る
自分仕立てラーメン700円 焼豚・きくらげ・豚の角煮・特製メンマ・揚げにんにくをトッピング ▲自分仕立てラーメン800円 焼豚・きくらげ・豚の角煮・特製メンマ・揚げにんにくをトッピング