未分類

第40回「ホビーアカデミー ガムシャラ」 決戦!又吉vs細貝 ミニッツ対決!

 
「ホビーアカデミー ガムシャラ」第40回放送 <音泉>とアキバOSとの連動企画、インターネットラジオステーション<音泉>にて配信されているインターネットラジオ番組「ホビーアカデミー ガムシャラ」第40回放送の模様をパーソナリティ・ベガさんがお伝え。第40回放送は、いよいよ又吉愛vs細貝店長のミニッツ対決!因縁の対決の結末はいかに?  みなさんガムシャラ~ッ、ホビーのことなら何でもお任せ!インターネットラジオ「ホビーアカデミーガムシャラ」のパーソナリティーベガです。  ついにこの日がやってまいりました。この日というのは番組で以前から告知しておりました、又吉愛vs細貝の因縁?対決のことであり、そのルールは簡単!  京商のアキバオフィシャルショップにあるコースを規定周走り、どちらが早く走れたか!というルールで、告知からこれまでの期間2人は独自に練習を積み重ねていたのです。しかし、ただ勝負をしたのでは楽しくない、やはり勝負というからには負けた人間にはそれなりのリスクを負ってもらおうではないか……  という訳で……  もし細貝が勝利したならば、又吉愛が現在使用しているミニッツ、実はこのマシン番組のお金で購入したもので、実にカスタムなど含めて4万程の値段がしているマシンなのですが、この金額をギャラから天引きにされるという刑。  もし又吉愛が勝ったならば、細貝所有のミニッツをプロポごとリスナーにプレゼントすることになってしまうの刑。  条件は整った!出でよ戦士たちぃ!
「KYOSHO AKIHABARA」にて再び対決! ▲「KYOSHO AKIHABARA」にて再び対決!
 はい、実際に戦うのは又吉愛vs細貝だけなのですが、ベガとやまけんも並んで練習走行なのですが、この段階から今回の対戦者である2人がそれなりに練習してきてるな~というのが分かる状態なのですが、それでも勝負は時の運ということでどうなるのかその結果が楽しみなところです。
ビッグな本格的レースコース ▲ビッグな本格的レースコース テクニカルサーキットが牙をむく ▲テクニカルサーキットが牙をむく
 コースは以前紹介しましたが、かなりテクニカルなコースでアップダウンもあり腕を磨くには最適なコースと言えるでしょう。  私も久々にこのコースで走らせて見ましたがやはり走ってるだけで時間が過ぎていくのがあっという間というか、楽しくて仕方ないんです。と、遊んでばかりもいられません、今回は京商さんのご好意により時間制限付きで貸切にしていただいたので、その時間を有効に使って対戦もおわらせてしまわないとね。
計測システムの搭載でさらに本格的な勝負に! ▲計測システムの搭載でさらに本格的な勝負に!
 京商さんのご好意に甘えてさらにこういったものも用意していただきました。  シャシーの鼻先についてるモノ、これはコースの床下に埋め込まれたセンサーと連動して、どのマシンが何週したか、又、毎周回ごとのラップタイムが何秒だったか?というのを計測するシステムで、これをつけることによって正確に勝敗を判断することができるのです。
白いボディは又吉マシン ▲白いボディは又吉マシン 黄色いボディは細貝マシン ▲黄色いボディは細貝マシン
 其々のマシンに装置を取り付けてもらいました。ちなみに、黄色いほうが細貝マシン、白いほうが又吉マシンです。つまり、又吉愛が勝利したならば、皆さんの中から抽選でこの黄色いマシンをもらえる人がいるかも?  ちなみに、後でわかったことですが、このマシンあまりカスタムされていません。以前使用していたマシンはもっとカスタムされていたのですが、もしかして細貝は負けても被害が最小限になるように、カスタム度合いの低いマシンをもってきたのでは?という疑問もわいてきますが逆にカスタムをしてなくても勝利する!そんな自信の現れとも取れるので、さらに勝負の行方が楽しみなところです。
勝負直前に電池を交換 既にピリピリした空気… ▲勝負直前に電池を交換 既にピリピリした空気…
 公平に勝負をするために電池の交換を行います。電池が無いと本来のスピードが出なくなりますし、やはり電池の差で勝ったとか負けたとか言いたくないですからね。
お店の人がマシンをセットし、いよいよ勝負の時! ▲お店の人がマシンをセットし、いよいよ勝負の時!
 では、公正を期すためにお店の人にマシンを置いてもらいましょう。これでもう言い訳はできません。  ではレーススタートです!  と、ここで閑話休題、コース上でマシンが横転、又は転倒したりあるいは壁にぶつかり上手く方向転換ができない!というときのために番組スタッフを各所に配置しました。これで万一のトラブルにも迅速に対処することができます。
つっつき担当のベガさんもスタンバイ完了!「棒でつっついてヤル!」 ▲つっつき担当のベガさんもスタンバイ完了!「棒でつっついてヤル!」
 見えずらいですが棒を持ったベガも配置についています。この場所だけはコースの構造上人間の手が届かない場所でして、マシンが転倒したらこの棒でつっついてヤル!という意気込みで所定の位置でマシンの転倒を待ちます(笑)
ディスプレイにてラップタイムを表示 ▲ディスプレイにてラップタイムを表示
 そしてベガの頭上にあるディスプレイ、このディスプレイに前述のラップタイムが表示されます。便利なシステムですね、これが自宅にあったらもっともっと練習に実がはいるのになぁ~
結果は又吉さんの完全勝利!しかしラップタイムは細貝店長の方が上 ▲結果は又吉さんの完全勝利!しかしラップタイムは細貝店長の方が上
 ということで、結果から言うとなんと又吉愛の完全勝利に終わりました!見ていただければタイムの差がわかりますが、ベストラップは細貝がたたき出しているのにも関わらずまけてしまったというていたらく……
双方のタイム 安定した走りが勝利への鍵! ▲双方のタイム 安定した走りが勝利への鍵!
 全10周のラップはこのとおり、番組内でやまけんが詳しく説明しいるのでそちらをきいてもらったほうがわかりやすいですが、明らかに細貝はタイムにばらつきがあり、これが敗因といわざるを得ないでしょう。
泣く泣くマシンを差し出す敗者・細貝店長 ▲泣く泣くマシンを差し出す敗者・細貝店長
 いやいやながらマシンを差し出す細貝、この時点をもってこの黄色いマシンは個人所有のマシンではなく番組所有のプレゼントマシンとなったので、このあとも走らせたいなら貸してください!と言いなさい!  な~んてスタッフの意地悪な発言もありましたが、それもこれも負けてしまったのだから仕方ない……力なきものは常に泣く運命なのでしょうか……
勝負の後はエキシビジョンマッチ ▲勝負の後はエキシビジョンマッチ あれ?ベガさん一人だけ遅れてません? ▲あれ?ベガさん一人だけ遅れてません?
 勝敗も決したので楽しくエキシビジョンマッチ!細貝、又吉愛、やまけん、ベガで、誰が一番はやいかな?対決をしてみたわけですが、そりゃまぁ経験者というか熟練者のやまけんが一位になるのは誰もが予想したところでしたが……  なんと2位に細貝そして3位には又吉愛!  ……次いで、ベガという燦燦たる結果になりました……多分サイドミラーが折れかけてたから……という言い訳もむなしく響く本当悲しい状態です。  この後お店の人のアドバイスでタイヤ交換したほうがいいです。といわれてタイヤを購入しました……スッカリ2位になれるものとおもって慢心しすぎていました。ちゃんと練習します。
没収された細貝マシン こころなしか悲しそうに見えます… ▲没収された細貝マシン こころなしか悲しそうに見えます…
 なにはともあれ、リスナーの皆さんにはこのマシンが当たるかもしれない!というラッキーな状況になりました。応募方法などは番組で言っているので、そちらをきいてみてくださいね。
細貝店長マジ物色 ▲細貝店長マジ物色 「取られたら買えばいいよ」 ▲「取られたら買えばいいよ」 さっそく新マシンを購入 ▲さっそく新マシンを購入
 勝負も終わってみんなで店内を物色……のはずが……あれ?何かおかしくないですか?細貝すでに新マシンを購入したようです。お金って怖いですねぇ、というか、お金持ちって怖いですねぇ……が正解でしょうか。  元、自分の愛車には目もくれず新しいマシンを購入しすでに次の対戦に思いを馳せているのでしょうか……  というのも、今回の4人での走行でビリになってしまったベガと細貝の対戦カードが決まってしまい、本当のビリはだれなのか!?対決がいずれ行われるようです……正直気が重いですが、がんばるとしますかね。  負けないためにも!かえってからタイヤを装着させます。 気になる本編はコチラで! ▼番組情報 【タイトル】 「ホビーアカデミーガムシャラ」 【パーソナリティ】 ベガ 又吉愛 【配信日】 隔週 水曜更新! 【コーナー】 <ふつうのお便り> 普通のお便りを募集しています。 <ホビーにガムシャラ> みなさんから取り上げて欲しいホビーや、ゲストに対しての質問を募集します。 <ガムシャラ的こんなの欲しい!> 「ガムシャラオリジナルグッズ」をみんなで考えちゃおう! 「こんなグッズが欲しい、こんなのあったら売れるんじゃない?」というメールを大募集!! <ようこそLittle Worldへ> ドールについて、ベガさんが熱く語るコーナーです。質問や悩みを募集します。 【メールアドレス】 それぞれのコーナーへのお便りや番組へのご意見・ご質問はコチラ
関連記事
ホビーアカデミー ガムシャラ (連載)
リンク
インターネットラジオステーション<音泉> リトルワールド ジーストア MINI-Z FanClub 京商<KYOSHO>