未分類

授乳シーン目当てだと痛い目に!?新感覚育児漫画「ぢごぷり」第1巻発売

 
新感覚育児漫画「ぢごぷり」第1巻発売 「月刊アフタヌーン」にて連載されている木尾士目さんの漫画作品「ぢごぷり」のコミックス第1巻が発売された。帯には『18歳にして母親となった双子姉妹の、新生児とのハプニングだらけな日々。ああ、可愛らしくも憎らしいっ!!』と書かれており、謎鳥さんは『育児とは、地獄と言う名の戦争だった…』としていた。
「げんしけん」の木尾士目最新刊!「ぢごぷり」コミックス第1巻発売 ▲「げんしけん」の木尾士目最新刊!「ぢごぷり」コミックス第1巻発売
18歳の双子姉妹が養育に奮闘する新感覚子育て漫画! ▲18歳の双子姉妹が養育に奮闘する新感覚子育て漫画!
 「月刊アフタヌーン」にて連載されている木尾士目さんの漫画作品「ぢごぷり」のコミックス第1巻が発売された。とらのあな秋葉原本店のPOPには『木尾士目センセーの新作はげんしけん公認?ただの育児マンガと思うなかれ!一度踏み込んだら抜け出せない木尾士目ワールド全開デス。』と書かれていた。  「ぢごぷり」とは、「月刊アフタヌーン」にて連載されている木尾士目さんの漫画作品。18歳の双子の姉妹が可愛らしくも憎らしい新生児の養育に奮闘する様子を描いた新感覚の子育て漫画。なお、タイトルは「地獄」から来た「プリンセス」という意味とのこと。  COMIC ZINのPOPには『「愛」と「憎しみ」の育児。赤ちゃんは愛の結晶だからこそ色々と複雑な事情や想いがあるわけで……。キレイ事ではない育児マンガだ!』『産んだら驚いた!!「可愛い」だけでは済まされないアンナコトやコンナコト…育児って大変スギ…』と書かれていた。
可愛らしくも憎らしいっ! ▲可愛らしくも憎らしいっ! 「愛」と「憎しみ」の育児 ▲「愛」と「憎しみ」の育児 木尾士目ワールド全開 ▲木尾士目ワールド全開
 何かよくわからん気まぐれBlogさんは感想として『この作品は、赤ちゃんの可愛らしさよりも、その育児の大変さを重点に描いていて、特に好き勝手に泣き喚く赤ん坊に振り回され、精神がだんだん壊れてゆく様がリアルに描かれていて、読んでてだんだんつらくなっていきます。こんな、読み進むたびにつらくなる作品を読むのって始めてかも…。』  『ただ、妹「日野かなめ」のゴスロリ姿は可愛い!!それだけは、この作品唯一の萌え要素かも…。w』と語っている、  また、今までに購入した漫画、ゲームのメモさんは『ノンフィクションな子育ての大変さをフィクションな設定で描いた作品。五年生やげんしけんは、自分に経験のある世界の話だったのでリアリティがあったけれど、子供はまだいないのでこれまでの作品のようにあるある感や実感はないかな。生まれたばかりの赤ちゃんのかわいくなさっぷりがリアリティあるね。』  謎鳥さんは『育児面以外の角度から見てみると、何で姉妹で育てているのか、何で父親はいないのかって疑問が最初に浮かびます。ラストのエピソードを見る限り、故人なのかなやっぱり。毎回服装が違っていて、ゴスロリから割烹着に大人っぽい格好まで。そんなファッショナブルな妹にも注目です。』としていた。
18歳の母親・沖浦あゆみ ▲18歳の母親・沖浦あゆみ 双子の妹・日野かなめ ▲双子の妹・日野かなめ ぢごぷり・沖浦夢子 ▲ぢごぷり・沖浦夢子
授乳シーンは当たり前 ▲授乳シーンは当たり前 胸もお腹も大きく ▲胸もお腹も大きく 初めての育児に奮闘 ▲初めての育児に奮闘
パンパンなおっぱい ▲パンパンなおっぱい 母乳を味見ッ! ▲母乳を味見ッ! 精神が壊れてゆく様 ▲精神が壊れてゆく様
関連記事
木尾士目氏新連載”ぢごぷり”「スジとかおっぱいとかを合法的に描く」
リンク
アフタヌーン ぢごぷり (作品紹介) この”糞ガキ”のどこが可愛いのだろう? 漫画「ぢごぷり 1巻」を読む!! (何かよくわからん気まぐれBlogさん) ぢごぷり 1巻 (今までに購入した漫画、ゲームのメモさん) ぢごぷり 1巻 (謎鳥さん)