未分類

“全形態コンプリート計画”再始動!「No.066 グレンとラガン」発売

 
「No.066 グレンとラガン」発売 海洋堂から6月1日発売のリボルテックヤマグチ「天元突破グレンラガン」シリーズ最新作「No.066 グレンとラガン」が海洋堂ホビーロビーなどで既に発売されていた。このフィギュアは、約半年ぶりに発売されるリボルテックヤマグチの再起第1弾で、「グレンラガン」全形態コンプリート計画の一つ。
約半年ぶりにリボルテックヤマグチ再び!「No.066 グレンとラガン」発売 ▲約半年ぶりにリボルテックヤマグチ再び!「No.066 グレンとラガン」発売
 「No.066 グレンとラガン」は、公式ページによると『グレンラガンの合体前の二体が登場。統一スケールでサイズ差を再現。グレンは13箇所にリボルバージョイントを搭載。ブーメランとしても使用できるサングラスは、胸部の差し替えで使用時と装着時にそれぞれ対応。』  『ラガンは、20mmサイズと小さいながらも両腕が可動し、差し替えで2通りの表情を選択可能。両腕を交換してドリル稼動状態にしたり、顔にドリルを付けて合体時を再現したりと、プレイバリューに溢れています。ラガンにはミニベースと接続部品、グレンには専用ベースと6種のオプションハンドが付属し、ポージングの幅を広げます。』と紹介されている。  リボルテックの最新情報ブログ「REVOLTECH EXPRESS」では『途中で黒いキングゲイナー【XAN】や【エンキドゥドゥ】の誌上通販などをはさんだとはいえ、約半年ぶりにリボルテックヤマグチが帰ってきました。3年前のリボルテック開始から毎月、複数個の新製品を出し続けてきた、まさにリボルテックを支えるメインシリーズです。』  『現在劇場版が好評公開中の「グレンラガン」より、合体前のグレンそしてラガンをセットにして発売。セットといっても、ラガンは1.5センチとずいぶん小さいですが、サイズに見合わぬ仕掛けがいっぱいです。』としていた。
パッケージ表 ▲パッケージ表 パッケージ裏 ▲パッケージ裏 パッケージ横 ▲パッケージ横
No.066 グレンとラガン ▲No.066 グレンとラガン 生き生きとした造形 ▲生き生きとした造形 カミナの勇姿を再現! ▲カミナの勇姿を再現!
 あみあみのスタッフブログ「あみブロ」では『リボ可動の本領発揮といわんばかりの、アニメ本編を思わせるこんなに生き生きとしたポーズが簡単に可能!10mmのリボ玉が9箇所にも内臓されているので、大きなカタマリを大きく動かすダイナミックなポージングがお手軽に楽しめます。』  『元々の親しみやすい骨太のメカデザインにより、玩具にした際にもしっかりとした「遊び応え」「ガンガン動かす楽しさ」が付与されて、触っていると大変テンションが上がって楽しい気持ちになる、ステキな玩具でした。もちろんそこには、俺たち「大グレン団」の思い出があるから!』とレビューを紹介していた。 原型師名:山口勝久 スケール:ノンスケール 全高:約110㎜ 素材/成型:PVC/ABS 可動箇所:全身15ヶ所 リボルバージョイント:13ヶ所 キットタイプ:アクションフィギュア・完成品 価格:2,400円(税込)  なお、リボルテックヤマグチ「天元突破グレンラガン」シリーズからは今後、7月1日に「アークグレンラガン」、7月15日に「超銀河グレンラガン」の発売を予定している。
「天元突破グレンラガン」シリーズ ▲「天元突破グレンラガン」シリーズ フロイラインリボルテック「ヨーコ 劇場版」 ▲フロイラインリボルテック「ヨーコ 劇場版」
関連記事
リボルテックヤマグチ最新エヴァシリーズ[新劇場版:破]エディション展示 エンキシリーズ完結!?リボルテック「エンキドゥドゥ」サンプル展示 リボルテックヤマグチ第二世代ファイナル「エンキドゥ」&「ピエール」発売 リボルテックヤマグチ「天元突破グレンラガン」&「リッキー」発売 リボルテックヤマグチ「エンキ」&「プロテクトギア・紅い眼鏡版」発売 第二世代第16弾「グレンラガン/フルドリライズ」&「レーバテイン」発売 第二世代ヤマグチシリーズ第14弾「ラゼンガン」、「YF-19」、「YF-21」発売 第二世代第13弾「グレンラガン」&「リガード」&「VF-1J/マックス機」発売 バストボリュームアップの新造形!「フロイライン012 ヨーコ 劇場版」発売 劇場版で再び登場!「フロイライン ヨーコ劇場版 アニメイト限定Ver.」展示 超電導ライフル付 リボルテックフロイライン010 ヨーコ 発売
リンク
海洋堂 リボルテックシリーズ REVOLTECH EXPRESS 海洋堂ホビーロビー 「天元突破グレンラガン」ポータルサイト