未分類

おにんにんに時代が追いついた!「チェンジH」 女装・男装・性転換アンソロ

 
 女装・男装・性転換をテーマにしたアンソロジーコミックス「チェンジH 第pink巻」が13日発売となった。『人気作家陣が、前代未聞のTS漫画に挑戦!』というこのコミックスは、とらのあなメロンブックスCOMIC ZINで展開をしていたが、とらのあなのPOPは『やっと時代がおにんにんに追いついたのだ!』。
「やっと時代がおにんにんに追いついたのだ!」女装・男装・性転換のアンソロジー「チェンジH 第pink巻」発売 ▲「やっと時代がおにんにんに追いついたのだ!」 女装・男装・性転換のアンソロジー「チェンジH 第pink巻」発売
とらのあなは他にも「ご待望のおにんにん本である!」 ▲とらのあなは他にも「ご待望のおにんにん本である!」 COMIC ZIN「どっちでも可愛いからOK!デスヨネ~」 ▲COMIC ZIN「どっちでも可愛いからOK!デスヨネ~」 他にも「正気の沙汰とは思えな…もとい」 ▲他にも「正気の沙汰とは思えな…もとい」
 女装・男装・性転換をテーマにしたアンソロジーコミックス「チェンジH 第pink巻」が少年画報社から13日発売となった。コミックス情報によると『テーマを「女装・男装・性転換」に絞った、新しいカタチのコミックアンソロジー!!全て描き下ろし。読み切り漫画で構成』『人気作家陣が、前代未聞のTS(トランス・セクシャル)漫画に挑戦!!』等との事。  参加している作家陣は全部で12人。表紙と巻頭カラーは甘詰留太氏で、佐野タカシ氏、六道神士氏、塩野干支郎次氏、たかみち氏、ポン貴花田氏、夕凪薫氏、おりもとみまな氏、鈴木晶子氏、TALI氏、大井昌和氏、新井祥氏の計12人が描いている。
メロンブックス「やっぱり甘詰先生の作品はエロスが光っております」 ▲メロンブックス「やっぱり甘詰先生の作品はエロスが光っております」 広告みたいなのとか「時代は男の娘!?」 ▲広告みたいなのとか「時代は男の娘!?」 「2009年は変(チェンジ)!」 ▲「2009年は変(チェンジ)!」
 幾つかの店舗ではPOP等で展開をしており、とらのあなにあったPOPは『やっと時代がおにんにんに追いついたのだ!』等だった。また、COMIC ZINやメロンブックスでもPOPがあった他、メロンブックスにあった広告のPOPには『時代は男の娘!?』『2009年は変(チェンジ)!!』『♂♀!?…第3のエロコメ出る!』等が謳われていた。  感想には、too,Bitter Chocolateさんの『佐野タカシ「女装子女」はこれ、なんかこう、吹っ切れた伝統の味がいたします』、漫画メモとか。さんの『塩野干支郎次さんの作品なんかは、相変わらずのちょいギャグテイストで印象に残りました』、漫画まみれラノベづくしさんの『もうね、女子パンツを押し上げるちんちん見ても違和感無く読める自分が怖くなってきました(笑』などがあった。
とらのあな旧1号店 ▲とらのあな旧1号店 メロンブックス ▲メロンブックス COMIC ZIN ▲COMIC ZIN
「BOY MEETS GIRL GIRL MEETS BOY」甘詰留太氏 ▲「BOY MEETS GIRL GIRL MEETS BOY」甘詰留太氏 「ブルームド イン アクション」塩野干支郎次氏 ▲「ブルームド イン アクション」塩野干支郎次氏 「えんとらんす!」ポン貴花田氏 ▲「えんとらんす!」ポン貴花田氏
「ふたみこ」おりもとみまな氏 ▲「ふたみこ」おりもとみまな氏 「女装子女」佐野タカシ氏 ▲「女装子女」佐野タカシ氏 「具美人」大井昌和氏 ▲「具美人」大井昌和氏
関連記事
巨乳に学ラン「世界の果てで愛ましょう」1巻発売 主人公がエロ可愛い 男の娘成長ストーリー「乙女のいろは」もはや女の子は不要なのか? 「女装少年アンソロジー」発売 下手なエロ本よりも実用性は上 魔法少女はぴちぴちスパッツで羞恥プレイ「おと×まほ」1巻 発売 ワダアルコ:最強魔法少女あきら「ネオウェーブ魔法少女漫画の密かな良作」 コミカライズ「乙女はお姉さまに恋してる」第1巻 「これは成功例で!」
リンク
ひとめで「ああ、これはわかってる」と思わせる布陣too,Bitter Chocolate割と面白く読める作品は多いような気もする漫画メモとか。違和感無く読める自分が怖くなってきました(笑漫画まみれラノベづくし「男の娘」って正直無いわと思っていた時期が俺にもありましたぶん・ぷく・チャ・がま新感覚なコミックで非常に面白かった戯言どっちも大好きな自分は勝ち組ということなんでしょうけどプラティカルパなんだかんだでこういう試みは大応援でございます!たまごまごごはん『チェンジH pink』は「TSアンソロジー」に非ずTeiresiasチェンジH 第pink巻少年画報社