未分類

リボルテックヤマグチ異色作!「レイカル・オリハルコン」「グル~ミ~」展示

 
「レイカル・オリハルコン」「グル~ミ~」展示 海洋堂のリボルテックヤマグチシリーズから8月15日発売予定の「No.072 レイカル・オリハルコン」と「No.073 グル~ミ~」のサンプルが海洋堂ホビーロビーにて展示されていた。リボルテックの最新情報ブログ「REVOLTECH EXPRESS」には『ひとめ見ておわかりのように、いつもと違う異色作』と書かれている。
8月のリボルテックヤマグチは異色の2作品 ▲8月のリボルテックヤマグチは異色の2作品
 「No.072 レイカル・オリハルコン」は、公式ページによると『鳥形から鎧に変形!ヒロインに装着できる超絶ギミック!綱島志朗作コミック「オリハルコン・レイカル」(角川コミックス刊)の“動き喋るフィギュア”レイカルがリボルテック化。これまでのリボルテックにはない、新機軸の超絶変形装着ギミック搭載!!』  『鳥形のアーマーハウル「ナイトイーグル」は、アーマー形態へ変形させることが可能。レイカルに装着して「ナイトレイカル」モードに変身できます。全身12個のジョイントを搭載し、変形・装着ギミックに加えアクションの多彩さもヤマグチクオリティ。胴体とスカートには軟質素材を採用して自然な可動を確保。ロングヘアーは基部の可動軸と左右のリストジョイントが可動。』と紹介されている。  リボルテックの最新情報ブログ「REVOLTECH EXPRESS」には『レイカルのギミックは「鳥型のロボ風」が分解して、レイカルの鎧として装着できるというもの。変形!合体!装着!そう、星闘士星矢のイメージでしょうか。原作の設定が「フィギュア」であるというレイカルは、まさしくリボルテックヤマグチになる宿命だったといえるでしょう!』と書かれていた。
鳥形から鎧に変形!「No.072 レイカル・オリハルコン」 ▲鳥形から鎧に変形!「No.072 レイカル・オリハルコン」
物質生命体のレイカル ▲物質生命体のレイカル ナイト・レイカルに変身 ▲ナイト・レイカルに変身 瞳を潤ませて照れた表情 ▲瞳を潤ませて照れた表情
 「No.073 グル~ミ~」は、公式ページによると『巷をにぎわすピンクのクマ“グル~ミ~”が、本格的アクションフィギュアで登場。全身13箇所が可動し、イラストが立体化したような多彩なポーズを表現できます。飼い主ピティー君も全身7箇所可動でフィギュア化。殴る、蹴る、引っかく、噛み付くなどの暴虐の限りを尽くせます。カワイソウ…。』  『耳を後ろに引くと鼻が上下にフゴフゴ。手首の“リストジョイント”が細やかでスムースな可動を実現。血を口につけてさらなる凶暴性を演出できます。付属のハーネスを付けて口を閉じさせる事も可。ベースを使用すると、よりアクションの幅が広がります。』と紹介されている。  カタログサイト「リボルテック・イン!」には「いたずらぐまのグル~ミ~」の原作者・森チャックさんからのコメントとして『グル~ミ~リボルテック化の夢が叶っただけでなく、本当にいろんな驚きがあった印象的なプロジェクトでした。ぼくの細かすぎるほどの監修にも快く応えてくださり、完成度の高さは言うまでもなく完璧です。』などが書かれていた。
巷で大流行のいたずらぐま!「No.073 グル~ミ~」 ▲巷で大流行のいたずらぐま!「No.073 グル~ミ~」
いたずらぐまのグル~ミ~ ▲いたずらぐまのグル~ミ~ ハーネスも付属 ▲ハーネスも付属 飼い主のピティー君も付属 ▲飼い主のピティー君も付属
原型師名:山口勝久 スケール:ノンスケール 全高: ・「No.072 レイカル・オリハルコン」:約130㎜ ・「No.073 グル~ミ~」:約100㎜ 素材/成型:PVC/ABS 可動箇所: ・「No.072 レイカル・オリハルコン」:18ヶ所 ・「No.073 グル~ミ~」:13ヶ所 価格:2,400円(税込)
関連記事
グレンラガン全形態コンプリート!「No.071 超銀河グレンラガン」発売 セブン-イレブンネット1周年記念!完全限定リボルテック2種サンプル展示 リボルテックシリーズ中最大級サイズ!「No.070 アークグレンラガン」発売 リボルテックヤマグチ最新エヴァシリーズ[新劇場版:破]エディション発売 “全形態コンプリート計画”再始動!「No.066 グレンとラガン」発売
リンク
海洋堂 リボルテックシリーズ リボルテック・イン! REVOLTECH EXPRESS 海洋堂ホビーロビー 綱島志朗のケツバット祭り チャックノチャックス