未分類

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」1巻発売 妹さんがまたエロイですわ

 
 電撃文庫原作のいけださくら氏によるコミックス「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」1巻が27日発売された。幾つかの店舗では『もし自分にこんな妹がいたら…自制できる自信がない』『マスタークラスツンデレ妹登場!!』等のPOPがあったが、E.M.D.2ndさんのレビューによると『妹さんがまたエロイですわ』。
電撃文庫原作の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」1巻発売 ▲電撃文庫原作の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」1巻発売
「体つき自体が普通にエロいっていうのに、ホント性欲を持て余すわ!!」 ▲「体つき自体が普通にエロいっていうのに、ホント性欲を持て余すわ!!
とらのあな「もし、自分にこんな妹がいたら…自制できる自信がない(笑)」 ▲とらのあな「もし、自分にこんな妹がいたら…自制できる自信がない(笑)」 COMIC ZIN「このギャップがすごい!!マスタークラスツンデレ妹登場!!」 ▲COMIC ZIN「このギャップがすごい!!マスタークラスツンデレ妹登場!!」 メロンブックス「やっぱりお前の妹可愛いわ」 ▲メロンブックス「やっぱりお前の妹可愛いわ」
 電撃文庫原作のラノベをコミックス「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」1巻が27日発売された。原作は、著・伏見つかさ氏、イラスト・かんざきひろ氏のラノベ。コミックは、電撃G’sマガジンでいけださくら氏が連載しており、第1~8話が1巻に収録されている。  幾つかの店舗ではPOPで展開をしており、とらのあなでは『もし自分にこんな妹がいたら…自制できる自信がない(笑)』、COMIC ZINでは『このギャップがすごい!!2009年度俺的第1位!!マスタークラスツンデレ妹登場!!』、メロンブックスでは『やっぱりお前の妹可愛いわ♥』等があった。また、ゲーマーズとアニメイトでは、別イラストを使用したカバーが特典になっていた。  感想やレビューにはE.M.D.2ndさんの『いけださくらさんが描く妹さんがまたエロイですわ。ホント性欲を持て余すわ!!』、謎鳥さんの『汚物を見るかのような視線すらそそられるものが・・・』、徒然なる一日さんの『特に上目遣いのアレは反則すぐる…』、彩彩華美さんの『上目遣いでの懇願シーンは反則なまでに全力で守ってやりたいと思わせるギャップの魔力が凄い』等があった。
ゲーマーズ、アニメイト特典、別カバーバージョン ▲ゲーマーズ、アニメイト特典、別カバーバージョン とらのあな特典、イラストカード ▲とらのあな特典、イラストカード COMIC ZIN特典、イラストカード ▲COMIC ZIN特典、イラストカード
とらのあな ▲とらのあな COMIC ZIN ▲COMIC ZIN メロンブックス ▲メロンブックス
顔を赤らめる桐乃「ブルブル」 ▲顔を赤らめる桐乃「ブルブル」 いきなり尻アップ ▲いきなり尻アップ 手を「きゅ」 ▲手を「きゅ♥」
朝から馬乗りしてくる妹 ▲朝から馬乗りしてくる妹 上目遣いでお願い ▲上目遣いでお願い キス顔みたいな桐乃 ▲キス顔みたいな桐乃
エロゲーを語る妹「むふ」 ▲エロゲーを語る妹「むふ♥」 ネコ耳シッポ付きでウマウマする黒猫 ▲ネコ耳シッポ付きでウマウマする黒猫 幼なじみの麻奈実「むっちりな身体と妙に官能的な笑顔」 ▲幼なじみの麻奈実「むっちりな身体と妙に官能的な笑顔
リンク
体つき自体が普通にエロいっていうのにE.M.D.2nd原作を知らない私でも結構楽しく読めたしおりはおどり、ほんはうたう!?汚物を見るかのような視線すらそそられるものが謎鳥妹との人間関係を構築していく過程が面白い今までに購入した漫画、ゲームのメモこのクオリティー、すんばらすぃい!密林地帯デレた表情が爆死しそうなぐらいカワイイ徒然なる一日表情をコロコロと変える桐乃の可愛さは異常!何かよくわからん気まぐれBlog全力で守ってやりたいと思わせるギャップの魔力が凄い!彩彩華美ドMホイホイなタイトルをバカスカ売らないといけないっていうのが萌特化書店員オタ受けしそうな内容だなぁというのが本音。だが面白いHeart of the Daze俺もこんな妹が欲しいアサガヲBlogこういう隠れオタな女の子いっぱい居るのかもしれないアーリオ オーリオ帯にアマガミの美也がいて吹いた(10月29日更新分)M:NBG瑞々しい美少女を見てるだけで癒されます東雲さんの崩壊日記改絵だけ見たら「これなんてエロゲ?」的なシーンも!あきばらいふディフォルメされているとやたらと可愛くってね常時リソース不足俺の妹が性欲を刺激すぎる件についてEARL.BOX「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」1巻発売☆☆描き下ろしイラストカードプレゼント 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1巻 電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』β版公式サイト 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE P.101 (いけださくら氏)