未分類

島本和彦の挑戦作!持ち込み上京編突入!「アオイホノオ」第3巻発売

 
「アオイホノオ」第3巻発売 「ゲッサン」にて連載されている島本和彦さんの漫画作品「アオイホノオ」のコミックス第3巻が発売された。帯には『島本和彦の挑戦作!!』『焔燃、小学館に殴り込み』と書かれており、メロンブックスでは『文化庁推薦!今のマンガ・アニメ業界を支える大物たちが必死に駆け抜けた時代があった!!』としていた。
島本和彦の挑戦作!!「アオイホノオ」コミックス第3巻発売 ▲島本和彦の挑戦作!!「アオイホノオ」コミックス第3巻発売
話題爆発の新章開始!衝撃続きの持ち込み上京編!! ▲話題爆発の新章開始!衝撃続きの持ち込み上京編!!
 「ゲッサン」にて連載されている島本和彦さんの漫画作品「アオイホノオ」のコミックス第3巻が発売された。メロンブックスのPOPには『文化庁推薦!今のマンガ・アニメ業界を支える大物たちが必死に駆け抜けた時代があった!!』と書かれていた。  「アオイホノオ」は、「週刊ヤングサンデー」などでの不定期連載を経て、今年5月に創刊された「ゲッサン」にて連載されている島本和彦さんの漫画作品。同氏のプロデビュー前をモチーフに大阪芸術大学での学生時代を描く自伝的作品だが、単行本には巨大な活字で「この物語はフィクションである」と記されている。なお、主人公の焔燃(ホノオモユル)は「燃えよペン」シリーズの炎尾燃と同音異字だが同一人物かは定かではない。  裏表紙では『時は1980年代初頭― 近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ一人の若者がいた。男の名は焔燃。何かに吼えたい19歳の若者は大きな夢と自信をぶら下げ、首都・東京を目指し立ち上がる―』『話題爆発の新章開始!熱血芸大生の七転八倒青春エレジー持ち込み上京編、第3巻!!』と紹介されている。
焔燃、小学館に殴り込み ▲焔燃、小学館に殴り込み 話題爆発の新章開始 ▲話題爆発の新章開始 文化庁推薦! ▲文化庁推薦!
COMIC ZIN ▲COMIC ZIN とらのあな秋葉原店A ▲とらのあな秋葉原店A メロンブックス ▲メロンブックス
 感想として何かよくわからん気まぐれBlogさんは『ぶっちゃけすぎ!マジで!!「ここまで言って大丈夫なのか?」と作者を心配してしまうぐらい内容がぶっちゃけすぎていて、面白さよりもむしろ作者の安否が気になってしまいました。w』  『あと、庵野秀明を含め、後にGAINAXを盛り上げる面々を前に「はっきり言ってアニメには向いてない!!」「観る側だよ!作る側じゃないよお前ら!!」と言い切る主人公に未来を見せて上げたい。w』。  昇月堂(銀)さんは『小学館のことを「やる気あんのかよ!」とか「めっちゃセコイやん!!」とかボロクソ言ってて吹きました。こ、これは気心の知れた仲だからこその憎まれ口みたいなもの!?そこまで突っ込んでいいのかとドキドキします。あだち充には相変わらずですね。今まで小学館寄りだった漫画ネタに「ジャンプ」が出てきたのに注目です。』としていた。
焔燃、首都・東京へ ▲焔燃、首都・東京へ 上京記念撮影会 ▲上京記念撮影会 石森章太郎に近づく! ▲石森章太郎に近づく!
後の「ゲッサン」である ▲後の「ゲッサン」である あだち充マンガとは ▲あだち充マンガとは いつか火傷をするぜ! ▲いつか火傷をするぜ!
そんな楽な商売なのか! ▲そんな楽な商売なのか! アニメーターの道へ? ▲アニメーターの道へ? ガイナックス3人衆再び ▲ガイナックス3人衆再び
関連記事
島本和彦の大傑作!熱血芸大生エレジー「アオイホノオ」待望の第2巻発売 バカが未来からやって来た!?「アスカ@未来系」コミックス第1巻発売 立体的な感動を与えてくれる立体「新吼えろペン 島本和彦熱血像」レビュー 買わなければ、一生わからん!!「新吼えろペン 島本和彦熱血像」発売
リンク
ゲッサンWEB 島本和彦外伝 島本の感想文 アオイホノオ (作品紹介) タブー中のタブーに触れちゃって大丈夫なの? 漫画「アオイホノオ 3巻」を読む!! (何かよくわからん気まぐれBlogさん) 買った漫画 『アオイホノオ』3巻 (昇月堂(銀)さん)