未分類

「ご主人さん&メイドさま」 気がつけば全裸で熱く燃え尽きていた

 
 10日に電撃文庫が発売となったが、電撃小説大賞銀賞を受賞した「ご主人さん&メイドさま」には、メロンブックスではPOPがあった。また、オビは「メイド>>>超えられない壁>>>ご主人」などで、竹宮ゆゆこ氏のコメントもあり、『気がつけば、全裸で熱く燃え尽きていた。やだ……なにこの聖典……』。
電撃小説大賞銀賞受賞「ご主人さん&メイドさま」「メイド>>>>>超えられない壁>>>>>>ご主人」 ▲電撃小説大賞銀賞受賞「ご主人さん&メイドさま」 「メイド>>>>>超えられない壁>>>>>>ご主人」
「気がつけば、全裸で熱く燃え尽きていた。やだ……なにこの聖典……」とらドラ!の竹宮ゆゆこ氏のコメント ▲「気がつけば、全裸で熱く燃え尽きていた。やだ……なにこの聖典……」 とらドラ!の竹宮ゆゆこ氏のコメント
メロンブックス「全国のドMなご主人様!悦べ!」 ▲メロンブックス「全国のドMなご主人様!悦べ!」 ゲーマーズ3F ▲ゲーマーズ3F とらのあな秋葉原店2F ▲とらのあな秋葉原店2F
 10日発売となった電撃文庫には、第16回電撃小説大賞を受賞した作品も刊行された。その中で銀賞を受賞した「ご主人さん&メイドさま」のオビには、「とらドラ!」の竹宮ゆゆこ氏のコメントがあった。  「ご主人さん&メイドさま 父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります」は、第16回電撃小説大賞銀賞を受賞した作品で、著:榎木津無代氏、イラスト:双龍氏。オビでは『メイド>>>>>超えられない壁>>>>>>ご主人』などとあり、書籍情報は以下の通り。
ヤバイ。メイドヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。俺のメイドヤバイ。まず偉そう。もう傲岸不遜なんてもんじゃない。超居丈高。「アンタ何様」ってその金髪メイドにきくと、胸(豊満)を張って「メイドさまである」ってかえってくる。スゲェ! なんか遠慮とか無いの。メイドなんだから嫌な顔ひとつせず従順に給仕する──と思っていた時期が俺にもありました。っていうくらいの勝手気儘ぶり。普通は絶対人間なんだから謙遜とかもする。でもそのメイドさんは全然平気。凄い。ヤバイ。とにかくお前ら、ウチに突然やってきた金髪美少女メイドのヤバさをもっと知るべきだと思います。そんなヤバイメイドと一緒にいる俺、超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ

「ご主人さん&メイドさま」AMW最新書籍情報

 竹宮ゆゆこ氏がオビにしてたコメントは『おしかけメイドのツンデレーションを期待しながらページをめくった。気がつけば、着衣のすべてを吹っ飛ばされて、全裸で熱く燃え尽きていた。やだ……なにこの聖典……』などで、メロンブックスではPOPが付いていた。  感想やレビューには、まあいいか。さんの『メイドさんへの想いが詰まったバカラブコメです』や、ホヒログさんの『編通してバカっぽいノリの軽く読める作品』、彩彩華美さんの『むしろすがすがしく天晴れな気分で読み終わりました』などがあったが、Alles ist im Wandelさんの『これで銀賞ってんだから、よほど不作だったんでしょうか』や、ラノベ365日さんの『編集部は何故これを銀賞にしたし』などもあり、人を選ぶラノベらしい。
いきなりやってくるメイド、なぜか刀 ▲いきなりやってくるメイド、なぜか刀 恥ずかしがるメイド、パンチラ ▲恥ずかしがるメイド、パンチラ お出迎えするメイド ▲お出迎えするメイド
メイド四天王一人、小さい体に大きい剣 ▲メイド四天王一人、小さい体に大きい剣 全裸の巫女、おっぱい隠してるのはお祓い棒 ▲全裸の巫女、おっぱい隠してるのはお祓い棒 メイドと風呂で流しっこ ▲メイドと風呂で流しっこ
関連記事
無修正だったTVアニメも始まった「れでぃ×ばと!」10巻 発売 「オオカミさんとスピンオフ」地蔵さん(注:少女)の裸エプロンや裸Tシャツ 読んでから見るか 見てから読むか「とらドラ!」他電撃文庫
リンク
分かりやすく頭の悪い、アホな設定と勢いが凄いまあいいか。バトルは肌色率高いんだし、その辺に挿絵割く形でお願いしますホヒログエロエロでドスケベなご主人とメイド様の距離感が面白い彩彩華美個人的には、こういうギャグ小説は好きなのでイチオシライトノベルは必需品!ハイテンションで貫き通してるところは天晴れ屠られ日記!中盤までが本当に酷いです。良い意味でも悪い意味でも酷いInfinity recollectionバカ小説は好きだが、このテンションと品の無さは受け付けないいつも月夜に本と酒どう頑張っても面白い作品とは思えないAlles ist im Wandelセンスが悪趣味というか、低俗を通り越して下品すぎて笑えないラノベ365日ご主人さん&メイドさま 父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります 2010年2月の新刊 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE 第16回 電撃大賞 受賞者・作品電撃大賞 R-Type Nirvana (双龍氏) 越えられない壁とは – はてなキーワード 宇宙ヤバイとは – はてなキーワード