未分類

ちょっと困った父親と過ごすシュールな日常 「響子と父さん」コミックス発売

 
「響子と父さん」コミックス発売 「月刊COMICリュウ」にて連載されていた石黒正数さんの漫画作品「響子と父さん」のコミックスが発売された。COMIC ZINでは『自由奔放過ぎるお父さんがハタから見てると面白くてしょうがない!!』としており、棘叢庵漫録さんは『ああ、何だか読んでいてほくほくと嬉しくなってしまう作品であることだなあ。』としていた。
奇才・石黒正数の描く<家族>の物語 「響子と父さん」コミックス発売 ▲奇才・石黒正数の描く<家族>の物語 「響子と父さん」コミックス発売
▲ちょっと困った父親と娘たちのちょっぴりシュールなアットホームコメディ!
 「月刊COMICリュウ」にて不定期連載されていた石黒正数さんによる漫画作品「響子と父さん」のコミックスが発売された。帯には『イラストレーターの姉と行方不明の妹とちょっと困った父親(母親は旅行で留守がち…)の物語』と書かれていた。  裏表紙では『長女の響子さんはイラストレーター。母親が旅行で留守中、インスタントラーメンばかり食べている父親が心配で、ついつい口うるさくなってしなう。一方の父親も年頃の娘が心配で仕方なく…。』  『次女の春香は色々あって現在…行方不明。どこかで無事でいるのだろうか…?家族の落ち着かない日々は続く……。奇才・石黒正数が<家族>を描くと……こーんなに面白いのだッ!!!』と紹介している。  また、とらのあなのPOPには『“響子と父さん”という漫才師かと…w 超マイペースでお調子ものの父親、しっかり者の姉、家に留守がちな母親に、行方不明(?)な妹という、粒ぞろいな岩崎家一家の日々の物語。一家に相次ぐ事件・出来事に父は!?姉は!?細かいボケをかます父に、全て返す姉。さすが親子なだけに、息ピッタリですw』と書かれていた。
こーんなに面白いのだッ! ▲こーんなに面白いのだッ! 自由奔放過ぎるお父さん ▲自由奔放過ぎるお父さん 鯨井ルカの家族の物語 ▲鯨井ルカの家族の物語
K-BOOKS ▲K-BOOKS COMIC ZIN ▲COMIC ZIN とらのあな秋葉原店A ▲とらのあな秋葉原店A
 感想として何かよくわからん気まぐれBlogさんは『何度言っても聞かない頑固な性格や、考え方や行動が不器用なちょっと困った父親に対して、言い返したり、流したりと、その場の状況によって臨機応変に対応する娘の言動が面白くて、読んでいるとなんだかほのぼのとした気持ちになります。w 何て言うか、他の家庭の事情を見ている気分です。w』  彩彩華美さんは『まず父の言動が予想外すぎて先が読めない展開とコミカルに描かれる娘とのやり取りのはしばしにみえかくれする父のだめっぷりが面白すぎる。セリフがなくとも父の表情の変化で心情がまる判りなお人よし性格とどこか抜けている思考がマッチしてユニークな父親像を作り上げている作者の描く家族のあり方を笑いながら楽しめる作品でした。』  日常散策さんは『かなり無鉄砲だったり(非常ベル鳴り響く廃マンションに乗り込もうと、颯爽とドアを開けて現れる父さんの姿には吹き出してしまいました)、変なところで見栄っ張りだったりと、他にも色々と愛すべき点を持ったオジサン「父さん」がとても大好きになってしまいました。』としていた。
ちょっと困ったお父さん ▲ちょっと困ったお父さん 響子はイラストレーター ▲響子はイラストレーター 現在家出中の妹・春香 ▲現在家出中の妹・春香
響子さんを嫁に出す? ▲響子さんを嫁に出す? 母の非情なるおぼん ▲母の非情なるおぼん 戦いは岩崎一族の掟 ▲戦いは岩崎一族の掟
見栄っ張りなお父さん ▲見栄っ張りなお父さん 時には父親らしいことも ▲時には父親らしいことも 番外篇「春香と父さん」 ▲番外篇「春香と父さん」
リンク
月刊COMICリュウ 響子と父さん (作品紹介) おかんの家4 (石黒正数公式サイト) おもろうてやがてじんわりとくる父と娘の関係――『響子と父さん』 (棘叢庵漫録さん) 困った父親と面倒見のいい娘のちょっと変わった日常物語!? 漫画「響子と父さん」を読む!! (何かよくわからん気まぐれBlogさん) 響子と父さん [石黒正数] (彩彩華美さん) 響子と父さん/石黒正数 (日常散策さん)