未分類

敏腕サラリーマン「コアラ課長」 権力には屈してナンボです

 
コアラ課長 「エビぼくさー」「イカれすらー」「かにゴールキーパー」「そして今度はコアラだ!」ということで、河崎実監督の映画「コアラ課長」の宣伝としてコアラ課長が秋葉原に降臨していた。通行人にやや避けられながらも宣伝し続けるその姿はまさに敏腕サラリーマンそのもので、あまりにも違和感があったので取材して来た。  「朝起きたら雪が積もっていた」そんなうららかな4月中旬の午後、いつものように秋葉原を歩いていたら…なんと!スーツを着たコアラに出会ったのである。
今日の記事何に…ん?コアラ!? ▲今日の記事何に…ん?コアラ!?
これはチャンス!Σはっ!写真を撮ってたら気づかれたっ!! ▲これはチャンス!Σはっ!写真を撮ってたら気づかれたっ!!
ひぃぃいい!(||  ゚Д゚)襲ってきた!! ▲ひぃぃいい!(|| ゚Д゚)襲ってきた!!
 ということで、捕まったので取材してきた。映画「コアラ課長」は『「皇帝ペンギン」より可愛く、『羊たちの沈黙』より怖く、「冬のソナタ」よりも感動的!』『すべての映画常識を超越した戦慄の酸欠<サイコアラ・ホラー>』で、ハワイ国際映画祭やシドニー映画祭などに招待され絶賛されたカルト映画である。  ストーリーは『漬物会社の敏腕“コアラ”課長、田村は、韓国のキムチ業者との契約を控え、絶好調だった彼を悲劇が襲う。恋人、洋子が何者かに惨殺されたのだ。(中略)果たして彼は猟奇連続殺人コアラなのか?(中略)壮大なショックとナンセンスの波状攻撃の果てに、ムツゴロウもアッと驚く動物愛に満ちた衝撃の真実が明らかになる…。』というもの。  そんな映画「コアラ課長」が4月20日に河崎実監督と共にTwitter上映会を開催するらしく、その宣伝に秋葉原に来ていたのである。
ウインクまでしてくれた気さくなコアラ課長 ▲ウインクまでしてくれた気さくなコアラ課長
その姿はりりしくもある ▲その姿はりりしくもある これが配っていたビラ ▲これが配っていたビラ 外国人との撮影も笑顔で ▲外国人との撮影も笑顔で
 Twitter上映会は『河崎実監督と共に観客が生ツイッターするという、人類史上初のイベントです。映画画面の他にツイッター画面があり、それによって観客が映画の作者にリアルタイムに突っ込めるという、かつてなかった形態の上映会。映画監督自ら解説をしながら上映し、観客がツイッターをするというのは、人類史上初の試み!!』というもの。  コアラ課長の配っていたビラにも『奇才映画監督 河崎実監督とTwitterでカルト映画「コアラ課長」を会場で一緒につっこむ』と怪しげなフォントで書かれていた。場所は東京カルチャーカルチャーで、日時は4月20日の19:30~、料金は当日チケット2000円…そんな事を確認していた時、事件はおこった。
警官に注意される猟奇連続殺人コアラ ▲警官に注意される猟奇連続殺人コアラ
コアラ「いやー、僕は殺ってないっす」
お上には屈するあたりがなんとも敏腕サラリーマンである ▲お上には屈するあたりがなんとも敏腕サラリーマンである
コアラ「ほんと…なんか勘違いさせちゃって、ホントすいません…」
関連記事
第1回声優中本順久の突撃DQN!スプー絵描き歌大会
リンク
コアラ課長 カルト映画「コアラ課長」を 河崎実監督と共に生ツイッター!!