未分類

「わぁい!ブルマぁだらけだ」 ブルマ色に染まる秋葉原

 
何!? こんなかわいい子が女の子のはずがないじゃないか!そんな僕らの夢をかなえる雑誌「わぁい!」Vol.1が一迅社から発売された。冊子には付録として「ブルマ風のなにか」がついており、秋葉原各店ではこぞって「なにか」を店頭に並べていた。さらにとらのあなでは『男の娘になるための雑誌』とも。
これが男の娘マガジン「わぁい!」 ▲これが男の娘マガジン「わぁい!」
うむ。はずはないな ▲うむ。はずはないな 1号の告知ビラ ▲1号の告知ビラ 問題の何かである ▲問題の何かである
 春のブルマ色に染まった秋葉原各店ではそれぞれの方法でこの雑誌を紹介していた。COMIC ZINでは『付録は「なにか」デス。いったい何なのかは購入してゴカクニン下さい』としていたが、駅から出てすぐのところにあるゲーマーズでは「なにか」を全力で晒していた。  ゲーマーズのPOPには『フリ~~~~~ダム!』『付録はブルマ風な何か。穿くも良し、投げるも良し、カケルも良し。』と書かれており、デジコが妙にちっちゃく見えた。とらのあなでは『男の子の、男の子による、男の娘になるための雑誌ついに創刊!』として、付録に対し『…てかコレ、明らかにだろ!!w』とツッコミを入れていた。
COMIC ZIN 秋葉原店の様子 ▲COMIC ZIN 秋葉原店の様子 いったい何なのから購入して(ry ▲いったい何なのから購入して(ry メロンブックスはおとなしかった ▲メロンブックスはおとなしかった
ゲーマーズ 電気街口を出てすぐブルマ ▲ゲーマーズ 電気街口を出てすぐブルマ 穿くも良し、投げるも良し、カケルも良し。 ▲「穿くも良し、投げるも良し、カケルも良し。」 とら必殺のダブルブルマである ▲とら必殺のダブルブルマである
なんて雑誌を…っ! ▲なんて雑誌を…っ! ブルマから覗くのは透けるような白い肌(の風船) ▲ブルマから覗くのは透けるような白い肌(の風船) 自明であります ▲自明であります
関連記事
DS版ストパン特典ブルマポーチ「心に染みるブルー!」って、いやいやいや! ブルマからスジが消えた「むすめーかー」延期の影響? 藤林杏のブルマ「京アニさん…いい仕事してるぅ」クラナドDVD第6巻発売 駅前で体操服+メイドカチューシャ 主にブルマを撮影 下着がブルマな「インナー=ブルマ」絶滅危惧種のブルマをみんなで守れ!
リンク
わぁい!