未分類

「劇場版“文学少女”」サントラ&主題歌発売 『青春ていいね。青春て。』

 
 現在映画館にて公開されている映画「劇場版“文学少女”」のサントラとeufoniusによる主題歌「遥かな日々」が発売された。映画を見た感想として妄想詩人の手記さんは『これもひとつの“人生賛歌”として、心にとどめておくべき良質のエンターテイメント作品であったと思う。』としていた。
「あずまんが大王」の「空耳ケーキ」や「涼宮ハルヒの消失」の「やさしい忘却」などを作曲した伊藤真澄による「劇場版“文学少女”」サントラ ▲あずまんが大王の「空耳ケーキ」や涼宮ハルヒの消失の「やさしい忘却」などを作曲した伊藤真澄による「劇場版“文学少女”」サントラ
eufoniusによる「劇場版“文学少女」の”主題歌「遥かな日々」 ▲eufoniusによる「劇場版“文学少女」の”主題歌「遥かな日々」
 現在映画館にて公開されている映画「劇場版“文学少女”」のサントラとeufoniusによる主題歌「遥かな日々」が発売された。「“文学少女”」は公式サイトによると『ファミ通文庫から発売されているライトノベル。語り手の少年・井上心葉と、彼の先輩にして物語を食べちゃうくらい愛する“文学少女”天野遠子が活躍する学園ミステリーだ。』とされていて、現在本編・短編集が11巻、外伝2巻まで発売されている。  とらのあなのPOPでは『切ないけれどやさしい気持ちになれる文学少女の世界観ばっちりのサントラ。担当的に、時かけの音楽を聴いた時を思い出しました。青春ていいね。青春て。胸が熱くなって自然と涙がでてきます…』『原作の空気感をそのままに…切なく愛しくやさしいメロディ。心振るわせること間違いなしの作品。』とされていた。  映画の感想として妄想詩人の手記さんは『これもひとつの“人生賛歌”として、心にとどめておくべき良質のエンターテイメント作品であったと思う。まだご覧になっていない方は、損はしないと思うので、ぜひ時間を見つけて観てみることを、オススメしたい。』、渚屋blogさんは『原作を知っていても知らなくても楽しめる内容だとは思います』としていた。
青春ていいね。青春て。 ▲青春ていいね。青春て。 切なく愛しい優しいメロディ ▲切なく愛しい優しいメロディ ソフマップAM館 ▲ソフマップAM館

美味しい本を召し上がれ?「“文学少女”カフェ@キュアメイドカフェ」レポート なのは、Fate、文学少女 コミケ77で見つけた劇場版特別鑑賞券 “文学少女”が密かに熱い?ファミ通文庫とMF文庫J、12月の新刊13冊発売
劇場版“文学少女” 劇場版“文学少女”公式ブログ eufonius official site 劇場版「文学少女」 感想レビュー(ネタバレほぼ無し) (妄想詩人の手記) 劇場版“文学少女”を観てきました。 (渚屋blog)