未分類

「涼宮ハルヒの驚愕」先行掲載のザ・スニーカー6月号 この時を待っていた

 
「涼宮ハルヒの驚愕」先行掲載のザ・スニーカー6月号 この時を待っていた 2007年3月に発売された「涼宮ハルヒの分裂」と上下巻構成になっている?「涼宮ハルヒの驚愕」の一部が掲載されたザ・スニーカー6月号が4月30日に発売となった。雑誌情報では『待望の最新作70枚一挙先行掲載』、ゲーマーズでは『この時を待っていた』などのPOPがあった。以下、ネタバレ多めで記事進行。
「涼宮ハルヒの驚愕」が先行掲載されたザ・スニーカー6月号「待望の最新作 70枚一挙先行掲載!」 ▲「涼宮ハルヒの驚愕」が先行掲載されたザ・スニーカー6月号 「待望の最新作 70枚一挙先行掲載!」
「この時を待っていた“驚愕”の先行掲載!」ゲーマーズで掲載ページのPOP「もう嬉しすぎて…言葉になりません」 ▲「この時を待っていた“驚愕”の先行掲載!」 ゲーマーズで掲載ページのPOP「もう嬉しすぎて…言葉になりません」
ゲーマーズ3FのPOP ▲ゲーマーズ3FのPOP アニメイト特典、メッセージ入りペーパー「文庫本でお会いできる小未来の到来を念じながら」 ▲アニメイト特典、メッセージ入りペーパー「文庫本でお会いできる小未来の到来を念じながら」 とらのあな特典、ハルヒのイラストカード ▲とらのあな特典、ハルヒのイラストカード
 2007年3月に発売された涼宮ハルヒの憂鬱シリーズ第9巻「涼宮ハルヒの分裂」と上下巻構成になっている?「涼宮ハルヒの驚愕」の一部が掲載されたザ・スニーカー6月号が4月30日発売となった。雑誌情報によると、『待望の最新作70枚一挙先行掲載』とのことで、ゲーマーズでは『この時を待っていた』などのPOPがあった。  内容は、webKADOKAWAによると『病に倒れた長門の容態は!?そしてキョン自身に迫る新たな“危機”とは!?』など、見開きでは『物語は再び動き出す。発熱に冒された長門を見舞いに訪れたハルヒたち。看病するハルヒの傍ら、キョンはこの事態を引き起こした元凶を見つけ出すべく立ち上がる。果たしてキョンの前に現れたのは、周防九曜だった……』。  また、著者の谷川流氏のコメントでは『現時点で400字詰め原稿用紙換算約370枚ぐらいのところまで行ってる感じです』『一応ざっと最後のオチまでは書いていて、ところどころの大なり小なりといった具合のスキマを埋める作業中でありまして』とあり、2010年内には発売を予定しているらしい。  なお、感想やレビューにはorotannの気ままな日記さんの『もう読んでるこっちが驚愕してばかりの展開…と言ったら大げさかもしれませんが、とにかくボーッと読んでいるとストーリーにおいてけぼりにされます』や、ceeda日記さんの『気になるのがα側の展開。α側がのほほんと進んでいるのが気にかかります』、第三の書庫さんの『素直に面白い感じです。2年以上待ったかいがありまし』などがあった。
目次「驚愕の展開に酔いしれよう」 ▲目次「驚愕の展開に酔いしれよう」 見開き「物語は再び動き出す」 ▲見開き「物語は再び動き出す」 「長門、回復は遠く……」 ▲「長門、回復は遠く……」
今回の先行掲載はまさに「驚愕」の展開 ▲今回の先行掲載はまさに「驚愕」の展開 yuki.n>心配はいらない ▲yuki.n>心配はいらない いっそこうするわ ▲いっそこうするわ
この人間をどうしたいの? ▲この人間をどうしたいの? しばらくSOS団は・・・ ▲しばらくSOS団は・・・ 続きは2010年内発売予定の「涼宮ハルヒの驚愕」にて ▲続きは2010年内発売予定の「涼宮ハルヒの驚愕」にて
関連記事
涼宮ハルヒの驚愕カウントダウン看板 無くなってた 「涼宮ハルヒの分裂」発売、開店から購入していく人多数 「涼宮ハルヒの分裂」3月31日発売で立て看板が設置されていた ラノベ・涼宮ハルヒがゲマで山積み 「涼宮ハルヒの憂鬱」は48版 涼宮ハルヒの憂鬱 9冊横に並べて1枚絵「超パノラマカバー」 あるはずのハルヒがない… 「涼宮ハルヒの消失」の消失
リンク
驚愕までアニメ化されるかな・・・?korotannの気ままな日記キョンはハルヒより長門に気持ちが傾いているとしかceeda日記(読書日記など)ちょ、何か周防さん怖いです第三の書庫ザ・スニーカー SOS Dan web site 涼宮ハルヒの憂鬱 特設ファンサイト 「涼宮ハルヒ」特集ページ