未分類

弓や魔法が「俺達の時代到来!」 白騎士物語-光と闇の覚醒-発売!

 
「白騎士物語-光と闇の覚醒-」発売 Level5制作のPS3用ゲーム「白騎士物語-光と闇の覚醒-AA】」が昨日発売された。「巨大ヒーロー物を意識した」という主人公の変身やオン篇オフ篇といったモードが魅力のこのゲームを、ソフマップ本館が『このPVはいいね!久々にRPGで、本当の意味で胸が熱くなったよ!』として紹介していた。
ソフマップ本館で流れていたPV 『本当の意味で胸が熱くなったよ!』 ▲ソフマップ本館で流れていたPV 『本当の意味で胸が熱くなったよ!』
こちらが今作のパッケージ ▲こちらが今作のパッケージ 「このスペースではとてもとても語りつくせない」 ▲「このスペースではとてもとても語りつくせない」 オン篇では自分だけの騎士に変身! ▲オン篇では自分だけの騎士に変身!
 白騎士物語前作「古の鼓動」)は『手に入れた力「白騎士への変身」を使って、平和な国を襲い、姫をさらった敵から姫を取り戻す』というストーリーの作品で、その戦闘システム・オンラインプレイ(オン篇)などで人気を得たゲームである。  今回発売された「白騎士物語-光と闇の覚醒-」はその続編にあたり、公式サイトによると『姫を救う冒険から、三国を帝国から守り世界を救うという大きな指名を背負ってしまった彼ら。そんな彼らが世界に秘められた真実と一万年前のドグマ戦争から続く運命に翻弄される』ストーリーになっているみたい。  ソフマップ本館ではこのゲームを『このスペースではとてもとても語りつくせない量の戦闘システムが凝縮!』『説明書をじ~っつくり読んで、あとはプレイして慣れて、面白みや味がジュワっとでてくるゲームですねコレは!』と説明書任せな感じに紹介しており、また『最大6人までのオンラインプレイ』として『あなただけのキャラ(アバター)があなただけの騎士(アークナイト)に変身!』とこの作品の魅力を伝えていた。
ソフマップAM館のでっかい「変身」コーナー ▲ソフマップAM館のでっかい「変身」コーナー
 すでにこのゲームをプレイしているゲームしようぜ!さんは『基本的には前作『古の鼓動』とあまり変わっていないかな、という印象。良い部分も悪い部分も』『やはり騎士になって敵を蹂躙するのは快感ですし、マップは相変わらず広すぎる。どんだけプレイヤーを走らせるつもりだ(笑)』  白騎士物語プレイ日記さんは『始めてから数時間、いきなり詰んだww』、大河ドラマ感想記さんは『聞くところによると、弓や魔法が「俺達の時代到来!」らしいです』と感想を掲載している。
関連記事
「東京ゲームショウ2007」レポート 日本ゲーム大賞授賞式
リンク
白騎士物語 ポータルウェブサイト 白騎士物語 -光と闇の覚醒- 白騎士物語-古の鼓動- 『白騎士物語 光と闇の覚醒』、レビュー前のちょっとした感想 (ゲームしようぜ!) いきなり詰んだ!? (白騎士物語プレイ日記) 白騎士物語 光と闇の覚醒 (大河ドラマ感想記)