未分類

5年目突入記念「ZOIDS」シリーズ第1弾「No.093 ブレードライガー」発売

 
「No.093 ブレードライガー」発売 海洋堂リボルテックヤマグチシリーズから「No.093 ブレードライガー」が発売された。このフィギュアは、リボルテックヤマグチ5年目突入記念超大作企画である「ZOIDS」シリーズの第1弾で、POPには『WTMの谷明とヤマグチ可動のコラボ!ガシガシ動かせて、色々なポーズで飾れる!!』と書かれていた。
リボルテックヤマグチ5年目突入記念超大作企画「No.093 ブレードライガー」発売 ▲リボルテックヤマグチ5年目突入記念超大作企画「No.093 ブレードライガー」発売
 「No.093 ブレードライガー」は、公式サイトによると『リボルバージョイントを駆使したヤマグチ流ZOIDS超大作 山口勝久がZOIDSを料理するとこうなる!リボルテックヤマグチ5年目突入記念超大作企画。圧倒的ボリュームとパーツ数が可能にした新たなZOIDSワールドを堪能せよ!』  『緻密造形の天才谷明が制作したオリジナルに、山口勝久が可動マジックを施したコラボレーションモデル。なんと全身34箇所搭載のジョイントで、これまでにない精密アクションを発揮。4mmジョイントを巧みに使用し、尻尾やコンプリッションリフリジェレイターなど細部まで可動させることができます。四肢を踏んばり、パレスレーザーガンを構えるポーズをとれます。』  『ブレードとシールドを開いて敵を斬り裂く必殺技「ブレードアタック」も再現できます。茶目っ気たっぷりな猫のようなポージングを取らせることもできます。シリアスな雰囲気が一変、愛らしい存在に。付属のディスプレイスタンドを活用すればさらにポージングの幅が広がります。発売予定の“ジェノブレイカー”と組み合わせると、より一層プレイバリューが高まります。』と紹介されている。
パッケージ表 パッケージ裏 パッケージ比較
▲「ZOIDS」シリーズ第1弾「No.093 ブレードライガー」パッケージ
細かいディテール ▲細かいディテール 精密アクションを発揮 ▲精密アクションを発揮 白熱のバトルを再現 ▲白熱のバトルを再現
 リボルテックの最新情報ブログ「REVOLTECH EXPRESS」には『リボルテックヤマグチは、現在2400円が標準価格となっていますが、ブレードライガーは、4900円。本物のフィギュアをさわっていただければ、この差にも納得していただけると思います。』と書かれていた。 原型師名:山口勝久 スケール:ノンスケール 全高:約85㎜ 素材/成型:PVC/ABS 可動箇所:42ヶ所 価格:4,900円(税込)  リボルテックヤマグチシリーズ5年目突入記念超大作企画の「ZOIDS」シリーズからは「ブレードライガー」に続いて9月15日に第2弾「No.096 ジェノブレイカー」の発売が予定されている。
「ZOIDS」シリーズ第2弾「No.096 ジェノブレイカー」9月15日発売予定 ▲「ZOIDS」シリーズ第2弾「No.096 ジェノブレイカー」9月15日発売予定
関連記事
リボルテック「戦国BASARA」シリーズ第3弾「徳川家康」&「石田三成」展示 原作者・内藤泰弘も太鼓判!リボルテック「ヴァッシュ」&「ウルフウッド」発売 リボルテックヤマグチ5年目突入記念超大作「No.093 ブレードライガー」展示 モンスター級リボルテック!「ゲッター號」&「エヴァ2号機 ザ・ビースト」発売 リボルテック「戦国BASARA」第2弾「長曾我部元親」&「毛利元就」発売
リンク
海洋堂 リボルテックシリーズ リボルテック・イン! REVOLTECH EXPRESS 海洋堂ホビーロビー