未分類

「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」発売 「…黙れ雌犬」「この…っ泥棒猫!」

 
 「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」が発売となった。シリーズ第7弾の作品で、前作から1年半後が舞台。ぎゃるげろぐさんによると、スコップが怖い内容らしいが、発売日は発売記念抽選会が行われ、『…黙れ雌犬』『この……っ泥棒猫!!!』などと書かれた「特製しゅらばうちわ」がプレゼントされていた。
メモオフシリーズ新作「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」発売 上はサントラCDや設定資料集が同梱された初回限定版 ▲メモオフシリーズ新作「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」発売 上はサントラCDや設定資料集が同梱された初回限定版
プレゼントされていた「特製しゅらばうちわ」 「…黙れ雌犬」「この……っ泥棒猫!!!」※ジョークです ▲プレゼントされていた「特製しゅらばうちわ」 「…黙れ雌犬」「この……っ泥棒猫!!!」※ジョークです
ソフマップAM館店頭で行われた発売記念抽選会 ▲ソフマップAM館店頭で行われた発売記念抽選会 主人公の幼なじみ・ちなつのコスプレをした5pb.の中の人 ▲主人公の幼なじみ・ちなつのコスプレをした5pb.の中の人 「この一言でちなつにホレましたw」 ▲「この一言でちなつにホレましたw」「装備品はスコップです」
 Memories Offシリーズの新作「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」が、7月29日発売となった。メモオフシリーズ10周年を記念して制作されたシリーズ第7弾の作品(電撃オンライン)で、2008年8月に発売された前作「メモリーズオフ6~T-wave~」から1年半後が舞台(Wikipedia)。発売日は、発売記念抽選会が行われ、「特製しゅらばうちわ」などがプレゼントされていた。  「Memories Off(メモリーズオフ)ゆびきりの記憶」は、イラストが森井しづき氏で、電撃オンラインの紹介では『人公、幼なじみの少女、主人公のもとに突然やってきた謎の少女との間に巻き起こる三角関係が描かれていく。本作には“ゆびきり”するモードを搭載しており、この“ゆびきり”を行うかどうかで物語が大きく変化するという』など、副題は『繋いだ指をほどく勇気、ありますか?』。ぎゃるげろぐさんによると、スコップが怖い内容らしい。  発売日は、ソフマップアミューズメント館店頭で発売記念抽選会が行われ、主人公の幼なじみ・ちなつのコスプレイヤーさんも登場していた。なお、抽選会の景品は、シークレットイベントへの招待の他、『…黙れ雌犬』『この……っ泥棒猫!!!』などと書かれている「特製しゅらばうちわ」となっていた。  「特製しゅらばうちわ」に描かれているイラストは、ゲーム中に使用されているシーンらしいが、セリフについては『ジョークです。実際のゲームにこのような表現はありません』と注意書きがしてあったが、ゲーマーズでは、『…黙れ雌犬。この一言でちなつにホレましたwこの目、この表情、最高じゃないか!』などとPOPがあった。
「ちなつ+スコップのシーンは見ものです」 ▲「ちなつ+スコップのシーンは見ものです」 ゲーマーズでは階段踊り場でデモコーナー ▲ゲーマーズでは階段踊り場でデモコーナー ソフマップAM館2F ▲ソフマップAM館2F
ゲーマーズ特典はちなつと霞のベッドシーツ ▲ゲーマーズ特典はちなつと霞のベッドシーツ 霞「ちなつの部分を折って使用するのかしらね。私と添い寝したいが為に」 ▲霞「ちなつの部分を折って使用するのかしらね。私と添い寝したいが為に」 ベッドシーツのイラストは、裸ソックス? ▲ベッドシーツのイラストは、裸ソックス?
メディアランド特典、二人の嫁描き下ろしテレカ ▲メディアランド特典、二人の嫁描き下ろしテレカ ソフマップ特典、リサと霞のビキニ描き下ろしテレカ、おっぱい? ▲ソフマップ特典、リサと霞のビキニ描き下ろしテレカ、おっぱい? メッセサンオー特典、詩名と織姫?の入浴テレカ、裸 ▲メッセサンオー特典、詩名と織姫?の入浴テレカ、裸
関連記事
チロ舌好きも納得の一品「メモリーズオフ6」顔や髪に白い汁 サイン入り特製ポスター付き!「Memories Off #5 encore」発売
リンク
Memories Off 総合スレッド vol.149「スコップ怖すぎる」「スコップこええ・・」 “ゆびきり”で紡がれる恋の物語――『メモリーズオフ ゆびきりの記憶』 「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」プロモーションムービーを公開 ダウンロードコンテンツや発売記念抽選会などの情報を公開 発売記念抽選会&しゅらばうちわプレゼントキャンペーン メモリーズオフ ゆびきりの記憶 Xbox.com | メモリーズオフ ゆびきりの記憶 – 繋いだ指をほどく勇気、ありますか? メモリーズオフシリーズ公式サイト5pb.Games 森井しづき氏 Memories Off ゆびきりの記憶 – Wikipedia