未分類

官能小説と萌え絵の異色コラボ!「官能小説家・烏賊川遥の悲しみ」発売

 
「官能小説家・烏賊川遥の悲しみ」コミックス発売 「月刊COMICリュウ」にて連載された蒼崎直さんの漫画作品「官能小説家・烏賊川遥の悲しみ」のコミックスが発売された。メロンブックスのPOPでは『古き良きポルノと萌の異色コラボ!』としており、徒然なる一日さんは『エロに対する昔と今の違い…その二人のすれ違いがホントに面白いw』としていた。
「官能小説家・烏賊川遥の悲しみ」コミックス発売 ▲「官能小説家・烏賊川遥の悲しみ」コミックス発売
官能小説家と萌え系イラストレーターの異色コラボ!? ▲官能小説家と萌え系イラストレーターの異色コラボ!?
エロス探究は男子の本懐 ▲エロス探究は男子の本懐 共通項は勿論エロ! ▲共通項は勿論エロ! 人間の本能に繋がる! ▲人間の本能に繋がる!
 「月刊COMICリュウ」にて連載された蒼崎直さんの漫画作品「官能小説家・烏賊川遥の悲しみ」のコミックスが発売された。帯には『古き良きポルノを愛するカンノー作家イカガワセンセーといまどき同人萌え萌えイラストレーターMOMOJIクン♪ふたりが出逢ってまぁタイヘン!』と書かれていた。  「官能小説家・烏賊川遥の悲しみ」とは、ベテラン官能小説家・烏賊川遥と挿絵画家として選ばれた萌え系イラストレーター・MOMOJIが世代のギャップに苦悩しながら作品を生み出していく官能作家コメディ!  裏表紙では『エロス探究は男子の本懐!ベテラン作家の烏賊川遥先生と新人イラストレーターMOMOJI君 世代を超えた相棒が力を合わせてズッコケる(笑) 笑いと涙とエロの官能作家ライフ めざせ世界のポルノーベル賞!?』と紹介されている。  感想として何かよくわからん気まぐれBlogさんは『萌えがわからない作家先生の苦悩と、難しい漢字や装束や服飾などの専門的な用語に苦戦するイラストレーターの苦悩。そんな2人が、あれこれとぎこちなく小説を作り上げる工程が面白くて、その凸凹加減に笑いが止まりません!!』  徒然なる一日さんは『この作品のキモは「すれ違い」ですね。エロに対する昔と今の違い…その二人のすれ違いがホントに面白いw 今流行っている「男娘」とか「ふたなり」など、今まで自分が見ていなかった現在のヲタ世界に対し、理解不能ながらも感化されていく烏賊川先生の様子が見ていてホントに最高だったw』としていた。
官能小説家・烏賊川遥 ▲官能小説家・烏賊川遥 萌え系絵師・MOMOJI ▲萌え系絵師・MOMOJI 官能小説の挿絵に萌え絵 ▲官能小説の挿絵に萌え絵
同人的萌え解釈 ▲同人的萌え解釈 理解されない“男の娘” ▲理解されない“男の娘” すれ違うエロ思考 ▲すれ違うエロ思考
エロこそ万世共通の真理 ▲エロこそ万世共通の真理 小説家志望のギャル ▲小説家志望のギャル 女優とホテルで修羅場? ▲女優とホテルで修羅場?
リンク
月刊COMICリュウ 官能小説家・烏賊川遥の悲しみ (コミックス情報) 官能小説家 烏賊川遙のかなしみ (徒然なる一日 ~プチAA遊戯場~) 超ベテランの官能小説家と萌え絵のイラストレーターとの凸凹タッグが送る、萌萌官能小説作成ライフ!? 漫画「官能小説家烏賊川遥のかなしみ」を読む!! (何かよくわからん気まぐれBlog)