未分類

正真正銘のGガンオリジン!「超級!機動武闘伝Gガンダム」第1、2巻発売

 
「超級!機動武闘伝Gガンダム」第1、2巻発売 「月刊ガンダムエース」にて連載されている島本和彦さん作画、今川泰宏さん脚本の漫画作品「超級!機動武闘伝Gガンダム」のコミックス第1巻、第2巻が同時発売された。帯には『島本和彦×今川泰宏 TVアニメオリジナルスタッフの最強タッグによる、これぞ“Gガンオリジン”!』と書かれている。
「超級!機動武闘伝Gガンダム」コミックス第1巻、第2巻同時発売 ▲「超級!機動武闘伝Gガンダム」コミックス第1巻、第2巻同時発売
最強タッグの“Gガンオリジン”!圧倒的ボリュームでコミカライズ!! ▲最強タッグの“Gガンオリジン”!圧倒的ボリュームでコミカライズ!!
 「月刊ガンダムエース」にて連載されている作画・島本和彦さん、脚本・今川泰宏さんの漫画作品「超級!機動武闘伝Gガンダム」のコミックス第1巻、第2巻が2冊同時に発売された。  「超級!機動武闘伝Gガンダム」とは、TVアニメ「機動武闘伝Gガンダム」の監督・今川泰宏さんとキャラクター原案・島本和彦さんによるコミカライズ作品。アニメ版のストーリーを基に今川監督の要望を取り入れつつ、島本先生の得意とする熱血&ギャグ漫画としてアレンジされている。  帯には『島本和彦(「Gガンダム」キャラクター協力)×今川泰宏(「Gガンダム」総監督) TVアニメオリジナルスタッフの最強タッグによる、これぞ“Gガンオリジン”!コミックスでしか読めない描き下ろしページも大収録!!』と、ドモン・カッシュ役の声優・関智一さんのコメントが書かれている。  メロンブックスのPOPには『ディアッカ「すごく(性格的に)イザークです…。」 イザーク「ばかもの!こいつは俺ではない!機動武闘伝Gガンダムの主人公ドモン=カッシュだ!」』など、ディアッカとイザークの掛け合いが書かれていた。
(性格的に)イザークです ▲(性格的に)イザークです 漫画でガンダムファイト ▲漫画でガンダムファイト COMIC ZIN特典 ▲COMIC ZIN特典
メロンブックス ▲メロンブックス COMIC ZIN ▲COMIC ZIN K-BOOKS ▲K-BOOKS
 島本和彦さんは自身のブログで『意識して違うように描いた部分とここはアニメと同じ!という部分が細かくわかったほうが面白さも倍増!!なはずなんですが!!!』『漫画読む前に鑑賞して「違いを楽しんで」いただけたら、と思います。必ず「違いが面白い」作品になっているはずなので…!』と書かれている。  感想として3階の者だ!!~ブログ編~さんは『どのエピソードもアニメのストーリーをわりと忠実になぞっていくのですが、その間に起こるイベントをいちいち島本先生テイストにリファインし、ギャグ漫画としての色の濃い作品になっています。』  『荒々しい筆致で描かれるガンダムファイトは、本来ならばロボット同士のバトルにはマッチしないかもしれません。ですがそこは現状のガンダム史上唯一にして最大の熱血モノであるGガンダムのガンダムファイト。その描線が迫力を生み、見事にGガンダムらしいバトルとなっています!』としていた。 ■「超級!機動武闘伝Gガンダム」第1巻
ドモン・カッシュ ▲ドモン・カッシュ レイン・ミカムラ ▲レイン・ミカムラ チボデー・クロケット ▲チボデー・クロケット
シャイニングガンダム ▲シャイニングガンダム vsネロスガンダム ▲vsネロスガンダム vsガンダムマックスター ▲vsガンダムマックスター
■「超級!機動武闘伝Gガンダム」第2巻
料理もファイト!? ▲料理もファイト!? サイ・サイシー ▲サイ・サイシー ジョルジュ・ド・サンド ▲ジョルジュ・ド・サンド
vsドラゴンガンダム ▲vsドラゴンガンダム vsガンダムローズ ▲vsガンダムローズ アラクノガンダム大活躍? ▲アラクノガンダム大活躍?
関連記事
島本和彦の意欲作!今回は高橋留美子を… 「アオイホノオ」第5巻発売 島本和彦の暴走作!あだち充を痛烈批判!?「アオイホノオ」第4巻発売 これぞ男の生き様ッ!伝説のボクシング漫画「仮面ボクサー」コミックス再刊 島本和彦の挑戦作!持ち込み上京編突入!「アオイホノオ」第3巻発売 バカが未来からやって来た!?「アスカ@未来系」コミックス第1巻発売
リンク
月刊ガンダムエース 超級!機動武闘伝Gガンダム 第1巻 (コミックス情報) 超級!機動武闘伝Gガンダム 第2巻 (コミックス情報) 島本和彦外伝 (島本和彦公式サイト) 島本の感想文 (島本和彦公式ブログ) 「超級!機動武闘伝Gガンダム」第1・2巻 島本節全開リメイク!ツンデレドジっ子、ドモン頑張る! (3階の者だ!!~ブログ編~)