口に咥えたり挿入したり「カガクなヤツや」1巻 エロ過ぎもエロ過ぎ

 
口に咥えたり挿入したり「カガクなヤツや」1巻 エロ過ぎもエロ過ぎ チャンピオンREDいちごに連載されている「カガクなヤツら」1巻が発売となった。吉川英朗氏によるコミックスで、メロンブックスでは『白いネバネバが出る出る溢れ出す!一体どんなカガク反応だよ』のPOPがあった他、カートゥン☆ワールドさんは、『ガチンコ騎乗位と本番まであってエロ過ぎもエロ過ぎでしたよw』。
吉川英朗氏「カガクなヤツら」1巻「自重」という言葉とは一切無縁のフルアクセルな描写 ▲吉川英朗氏「カガクなヤツら」1巻 「自重」という言葉とは一切無縁のフルアクセルな描写
「ガチンコ騎乗位と本番まであってエロ過ぎもエロ過ぎでしたよw」粘膜に包まれた勃った肉棒がアソコにヌプ「――ふぁあっ♥」「ガチンコ騎乗位と本番まであってエロ過ぎもエロ過ぎでしたよw」 粘膜に包まれた勃った肉棒がアソコにヌプ「――ふぁあっ♥」
メロンブックス「白いネバネバが出る出る溢れ出す!」 ▲メロンブックス「白いネバネバが出る出る溢れ出す!」 とらのあな特典、小冊子 ▲とらのあな特典、小冊子 COMIC ZIN特典、イラストカード ▲COMIC ZIN特典、イラストカード
 チャンピオンREDいちごに連載されている「カガクなヤツら」1巻が20日発売となった。一般向けで触手エロ漫画な「悪魔と俺」などの吉川英朗氏によるコミックスで、COMIC ZINの紹介は『今回も「自重」という言葉とは一切無縁のフルアクセルな描写で送る、吉川英朗先生の「カガクなヤツラ」』。  書籍情報では『化学の力で犬耳少女となった綾奈。科学の力でサイボーグ少女となった愛莉。ふたりのカガクの力で迫りまくられ、遥希の理性は決壊寸前!サイエンス・トラブルラブコメ開幕!』などで、オビでは『カガクの力でカゲキに迫る!』『化学少女・綾奈と科学少女・愛莉。ふたりの美少女のカガク部に入った遥希。三人の日常はトラブルだらけ!』。  感想やレビューには、カートゥン☆ワールドさんの『愛莉のフェラとか普通にセックル一歩手前の前戯があったかと思いきや、ガチンコ騎乗位と本番まであってエロ過ぎもエロ過ぎでしたよw』や、徒然なる一日さんの『触手プレイはあるわ、スライムのドロドロプレイはあるわ、フェラシーンはあるわ、白濁液は飛びまくるわ、母乳は飛びまくるわと・・・(性的に)酷過ぎるwwww』などがあった。  なお、メロンブックスでは『白いネバネバが出る出る溢れ出す!一体どんなカガク反応だよ』のPOPがあった他、吉川英朗氏曰く、科学少女・愛莉は、『初登場時はランドセル背負ってたわけですが、第1話が載った直後くらいに、ランドセル云々が話題になってこいつはまずいやとあわてて変更したのも今ではいい思い出』。
おっぱいか溢れる白い液体とアソコに食い込む水着?「ぷしゃあっ」 ▲おっぱいか溢れる白い液体とアソコに食い込む水着?「ぷしゃあっ」 おっぱい絞られながらアソコにヌプ ▲おっぱい絞られながらアソコにヌプ 「オ××コの中に入られて愛液をたっぷり垂れ流したりとエロ過ぎて仕方ありませんよ」「オ××コの中に入られて愛液をたっぷり垂れ流したりとエロ過ぎて仕方ありませんよ」
手を添えて棒をちゅぱちゅぱ、ネズミが下の穴の中にぐちゅっ ▲手を添えて棒をちゅぱちゅぱ、ネズミが下の穴の中にぐちゅっ 前の穴と後ろの穴に挿入されてびくびくっぞくんっ ▲前の穴と後ろの穴に挿入されてびくびくっぞくんっ 体が勝手に動いて黒ストビリビリ、アソコをスリスリ ▲体が勝手に動いて黒ストビリビリ、アソコをスリスリ
関連記事
「かみのみっ」2巻発売 ぐちゅぐちゅのびしゃびしゃなエロいシーン満載 “悪魔と俺”の吉川英朗「かみのみっ」1巻発売 TKB追加や無修正化 触手エロ漫画「悪魔と俺 特盛り」○ク○ニからザラキられた噂のコミック 「あきそら」最終回 チャンピオンREDいちごVol.25発売 乳首温泉イラスト付 「どう見てもエロマンガ」チャンピオンREDいちごVol.20 触手凌辱みたいなの 肉棒を咥えたりアソコに挿入 チャンピオンREDいちごVol.18発売
リンク
一般向けでも十分抜けるエロさです!カートゥン☆ワールドエロシーンはそこらの成人指定に及びレベルでしたw徒然なる一日もうとっくに一般漫画の限界を天元突破しているような…屠られ日記!もう色々とアウト過ぎやすないかこれE.M.D.2nd何より、触手がいやらしい今までに購入した漫画、ゲームのメモ絵面が完全にエロ漫画なんだよちくしょう!(笑(4月18日)EARL.BOX【とらのあなWebSite】大人気作家・吉川英朗先生の新刊「カガクなヤツら」発売! チャンピオンREDコミックス 4月新刊特典情報 (COMIC ZIN) カガクなヤツら 1巻 チャンピオンREDいちご 肉体の宴 (吉川英朗氏)