未分類

まさかの糞マンガ「江戸カン」 江戸時代にタイムスリップして考えるし尿処理

 
まさかの糞マンガ「江戸カン」 江戸時代にタイムスリップして考えるし尿処理 とらのあなにサークル・SUBVERSIONの同人誌「江戸カン」が入荷していた。COMITIA94で頒布していた第1弾と、COMITIA95で頒布していた第2弾で、とらのあなの紹介は『ウンチやオシッコに着目したオリジナル漫画です』などで、とらのあな専売。あとがきで作者のりょっぺ氏曰く『まさかの糞マンガです』。
サークル・SUBVERSION同人誌「江戸カン」「現代社会に現れたし尿処理の問題について作者が熱く語ります」 ▲サークル・SUBVERSION同人誌「江戸カン」 「現代社会に現れたし尿処理の問題について作者が熱く語ります」
江戸時代にタイムスリップして早々に糞まみれ人の糞尿を肥料に利用することを下肥(しもごえ) ▲江戸時代にタイムスリップして早々に糞まみれ 人の糞尿を肥料に利用することを下肥(しもごえ)
第2弾の「江戸カン2」 ▲第2弾の「江戸カン2」 江戸カン2のあとがき「まさかの糞マンガ」 ▲江戸カン2のあとがき「まさかの糞マンガ」
 とらのあなにサークル・SUBVERSIONの同人誌「江戸カン」が入荷していた。とらのあなの紹介は『ウンチやオシッコに着目したオリジナル漫画です。現代社会に現れたし尿処理の問題について作者が熱く語ります』などで、とらのあな専売あとがきで作者のりょっぺ氏曰く『まさかの糞マンガです』。  サークルによる紹介では、『現代社会には、様々な問題がある。その中で、作者が注目したのがし尿処理の問題である。し尿、つまりウンチとおしっこをどのように処理するかはいまだに多くの課題があり、なかなか解決の目途が立たない状態なのだ。「江戸カン」では、そのし尿処理の問題について作者の考えを述べ、解決への糸口を探る内容になっている』など。  入荷していた「江戸カン」は、COMITIA94で頒布していた第1弾と、COMITIA95で頒布していた第2弾で、内容は江戸時代にタイムスリップした彼女を主人公に、現代におけるし尿処理の仕組みや問題点、また江戸時代での生活やトイレ事情、し尿からみた物質の流れの循環などを解説していた。
江戸時代にタイムスリップ ▲江戸時代にタイムスリップ 江戸時代は木片で尻ふきふき ▲江戸時代は木片で尻ふきふき 現代のし尿処理 ▲現代のし尿処理
「江戸カン2」また糞まみれ ▲「江戸カン2」また糞まみれ たらいで行水 ▲たらいで行水 肥だめはし尿を適切な肥料にするための装置 ▲肥だめはし尿を適切な肥料にするための装置
リンク
【とらのあなWebSite】江戸カン江戸カン2 江戸カン 自主作成 (SUBVERSION)