未分類

第11回 ほぼ週刊同人ゲー体験版レビュー「爆音の世代、沈黙の世界」

 
爆音の世代、沈黙の世界 第11回目筆者@moarea88の同人ゲーム体験版レビューでご紹介するのはサークル「Cosmillica」さんの「爆音の世代、沈黙の世界」です。現代日本とは違うどこか遠い遠い国「ヤマト」の物語。同人ゲームでも異色の社会派作品です。C80出展作品で2日目東2ホールU-01aです。
暴力的なジェシカですが、デレると可愛いと評判です。恋愛に関しては一本気で不器用なようです ▲暴力的なジェシカですが、デレると可愛いと評判です。
恋愛に関しては一本気で不器用なようです
【制作者インタビュー】(今回はアイラーチンドンさんにご回答頂きました) ■爆音の世代、沈黙の世界の制作について Q:「爆音の世代、沈黙の世界」作成のきっかけを教えてください。 A:たまたま仕事絡みでエロゲ、ギャルゲに触れる機会があったんですが、「家族計画」と「Phantom of inferno」をプレイして「これは面白い!」と感銘を受けまして。シナリオ・絵・音楽・映像と多様な要素を扱えることと、何より表現の自由さですね。それまでこういうゲームは萌え萌えじゃなきゃなんでしょ、くらいの認識だったんですが”なんだ、なんでもアリなんじゃん”と思い、ずっと頭にあった構想を作品にしようと思い立ちました。 Q:制作期間はどのくらいでしたか。また、制作に際して大切にされたことはありますか。 A:最初にまずパイロット版を創りまして、それから考えると一年半以上ですね。もっと短くて救いの無い(笑)話だったんですが、思った以上にいい面子が集まってどんどん話が膨らみました。 制作のモットーは「じっくり、焦らず、よいものを」です。締め切りに追われないのがアマチュアの武器ですから、納得いくまでやろうと。あとはメンバーが基本オンラインの繋がりなんで、コミュニケーションですね。そこはメンバーが人間が出来てる人ばっかでしたんで(笑)だいぶ助けられました。 Q:制作の中で大変だった点はどんな点でしたか、またそれはどうやって乗り越えましたか。 A:2回ほど大きなシナリオのリビルドとリライトがあり、それに伴って他の素材も追加が必要になったりした事ですね。乗り越えたのはメンバーの努力です。自分的には次回は下地をもっとガッチリ創ってから始めないとと反省しきりです。 Q:影響を受けた作品や好きな作品を教えてください(制作に直接関係のない作品でも結構です)。 A:ゲームなら「家族計画」「Phantom」「羊の方舟」 映画なら「アウトサイダー」「憎しみ」「アメリカン・ヒストリー・X」 小説なら「池袋ウエストゲートパーク」「GO」 漫画なら「パイドパイパー」「AKIRA」 アニメなら「新世紀エヴァンゲリオン」「灰羽連盟」 あたりでしょうか。音楽は挙げたらキリないです。 Q:制作メンバーはどういった経緯で集まった方々ですか? A:絵師様、映像師はオンラインの募集です。本当にいい縁だったと思います。音屋は元々自分が音楽やってたんで知り合いと、一部オンラインの応募です。みんな良い奴ばっかですよ。ちょう愛してますもん(笑)
体験版で攻略可能なヒロイン、ジェシカ・L・ハスター。祖国レムリアでは西海岸を仕切るほどの実力者 ▲体験版で攻略可能なヒロイン、ジェシカ・L・ハスター。祖国レムリアでは西海岸を仕切るほどの実力者 幼馴染の在ヤ・カルア人、ウォン・メイ。虐められている主人公をいつも助けていた ▲幼馴染の在ヤ・カルア人、ウォン・メイ。虐められている主人公をいつも助けていた 無口で謎が多い転入生、音舘 ナツミ。主人公の優しさに触れ、知らない感情に戸惑いを覚える ▲無口で謎が多い転入生、音舘 ナツミ。主人公の優しさに触れ、知らない感情に戸惑いを覚える
■「爆音の世代、沈黙の世界」の内容について Q:ユーザーの皆様に楽しんでもらいたい点はありますか。 A:舞台設定がリアルに近いんで、いまと照らし合わせてもらえたら。あとは各要素とも自信あるんで、全部ですね(笑) Q:お気に入りのシーンはありますか?よろしければ理由も教えてください。 A:体験版のクライマックスですかね。あとはネタバレなんで控えます(笑)ああいう、世界の理不尽さに対する悲しみや怒りが作品の通低音のひとつです。 Q:お気に入りのキャラは誰ですか? A:「菱原 禾絵流」が一番のお気に入りです。全員愛着ありますが、個人的な好みでいうと彼女ですね(笑) Q:モデルになった作品などはありますか? A:けっこういろんな作品の影響がぐちゃぐちゃに混ざってますんで…モデルってのは特に無いですね。 Q:どんな人に「爆音の世代、沈黙の世界」を薦めたいですか? A:ビビッときた人、でしょうか。たぶん伝えたい雰囲気はぱっと見てわかると思います。それに感性が反応する人はぜひ。 ■今後のサークル活動について Q:開発中の作品がありましたら、教えてください。 A:構想中のものはありますが、開発中はありません。 Q:制作において最も大事なものはなんだと思いますか。 A:隣の答案見ながら創らないこと、ですかね~。あとは自分の感性を信じること! Q:最近注目されている同人ゲームがありましたら、教えてください。 A:R7様、Inspire様…みんな先輩なんで勉強さしゃらっしゃいやっす。 Q:このレビューをご覧の皆様に一言おねがいします。 A:新参ですが、どうぞ宜しくお願いします!
国際的なジャーナリストの娘、小田 サクラ。トキオで起こる連続無差別殺人事件を追っている ▲国際的なジャーナリストの娘、小田 サクラ。トキオで起こる連続無差別殺人事件を追っている 在ヤ・チェイン人のワン・リーファ。ドライな性格ながらも主人公には信頼を寄せている ▲在ヤ・チェイン人のワン・リーファ。ドライな性格ながらも主人公には信頼を寄せている 在ヤ・カルアでメイの後輩兼参謀のヤン・スジョン。真面目で素直な性格が意外に人気だったりします ▲在ヤ・カルアでメイの後輩兼参謀のヤン・スジョン。真面目で素直な性格が意外に人気だったりします
【体験版レビュー】 3時間半くらいの体験版です。体験版ではヒロインの一人ジェシカルートが楽しめます。 同人ゲームならではというのでしょうか。ヘビーなお話です。商業ベースでは書きづらいかもしれないテーマを描いています。移民が住みまくったヤマトと言われる国のお話です。お互いに疑心暗鬼になり暴動が起こる社会を舞台としています。 移民問題。あまり縁がない方もいるでしょうし、身をもって経験されている方もいると思います。昨今は世界的にどの国もこの問題に悩んでいるようです。欧州では文化の違う者同士が同じ街に住む衝突が深刻化しているようで、検索すると欧州の苦悩が垣間見えます。 移民というのは旅行と違うので、簡単には帰れないので少々条件が悪くても移民の皆さんも頑張って住むわけですが、文字が書けず、言葉も話せないという移民が職を得て、健康で文化的な生活を送る事は、元から住んでいる人々に比べて困難でしょう。職業選択の自由が事実上無いのですから、どうしても生活に窮しますが社会も与えられる仕事がないので放置せざるを得ません。 それはやむをえない事で片付けられない問題の火種になりますし、移民は差別されたと被害者意識を募らせる事になっていきます。この被害者意識は根深いものになる程、社会に亀裂が走り緊張も走ります。社会に望まれないコストとリスクが増えるわけです。 大変な事です。移民排斥を謳う前に行うべき事もあるでしょうし、多文化共生と耳障りの良い謳い文句だけを掲げる前に行うべき事もあるのだと思います。ヤマトの国に起きている事を見つめてみてください。 作品はこの大変にデリケートでヘビーな問題を日本の神髄、2次元美少女でコーティングしてカバーしていますが、その中身は割とヘビーな話です。これが3次元ですとこんな美少女でなくてもっと、この、あんまり見ても萌えない方がいっぱい登場してしまうヘビーな作品になると思いますが、そこは2次元の素晴らしさが見事にカバーしています。
業火に飲まれるウォン・メイ…? ▲業火に飲まれるウォン・メイ…? 在ヤ外国人排斥過激派リーダー、菱原禾絵流(ノエル)。彼女にもそこに至る悲しく辛い過去が… ▲在ヤ外国人排斥過激派リーダー、菱原禾絵流(ノエル)。彼女にもそこに至る悲しく辛い過去が… 主人公の妹、倭 ツバキ。明るく外交的な性格だが、兄の胸にすがり泣く、その姿の理由は…? ▲主人公の妹、倭 ツバキ。明るく外交的な性格だが、兄の胸にすがり泣く、その姿の理由は…?
体験版ではレムリア人のジェシカルートを遊ぶことができます。ヘビーな社会背景がありながらも、日常の穏やかなシーンがあり、いわゆるエロゲロードを往く我々にもいい感じで楽しめます。一方で社会の病んだ部分も描かれていたりして心を痛めたり、考えさせられたりします。 一方的に誰かが正しいという世界ではなくそれぞれの主張も理解できる所もあり、また、それはダメだろうというところもあったりで、読み手はヤマトの社会問題を見つめ、色々思ったりするでしょう。物語の中では結構登場人物が亡くなってしまったりします。気に入った人が亡くなると、「ああっ!」とか思います。 ジェシカルートでは明らかになっていない物語の背景がまだまだあり、他のルートも見ていった時、全ては明らかになると思います。先の見えないヤマトの国に光明が見える事を願って止みません。体験版は公式サイトよりダウンロード可能です。
関連記事
ほぼ週刊同人ゲー体験版レビュー【連載】 第10回 ほぼ週刊同人ゲー体験版レビュー「World End Economica」 第9回 ほぼ週刊同人ゲー体験レビュー「ダンジョン・アーミー」 第8回 ほぼ週刊PCゲーム体験レビュー「AQUA」 特別編 ほぼ週刊同人ゲーム体験レビュー「日本橋doujinトライアルフェスタ」 第7回 ほぼ週刊同人ゲーム体験レビュー「彼女と彼女と私の七日」 第6回 筆者@moarea88のほぼ週刊同人ゲーム体験レビュー「リナシメント」 第5回 筆者@moarea88のほぼ週刊同人ゲーレビュー「無限夜行」 第4回 ほぼ週刊同人ゲー体験版レビュー「I/DEAL GUNS&ROCKS AUREA」 第3回筆者@moarea88のほぼ週刊同人ゲー体験版レビュー 「ベルダーシュ」 第2回 筆者@moarea88の「ですろり」制作者インタビュー&体験版レビュー 第1回「まんけん!」制作者インタビュー&体験版レビュー【木曜連載】
リンク
爆音の世代、沈黙の世界 Cosmillica 萌エリア88ブログ コミックマーケット交通宿泊情報~コミケに行かねば~