未分類

これはよい中二病バトル「ブラック・ブレット」幼女てんこ盛り

 
これはよい中二病バトル「ブラック・ブレット」幼女てんこ盛り 7月の電撃文庫が発売されており、お伝えした中に「ブラック・ブレット」があるが、著者の神崎紫電氏曰く『十歳の幼女ヒロインと保護者型高校生ヒーローのタッグバトルもの』。オビは『スピーディでスリリングな近未来ヒロイック・アクション、開幕っ!!』、純情アグレッシブ!さんのレビューでは『幼女てんこ盛り』。
神崎紫電氏「ブラック・ブレット 神を目指した者たち」「勢いとか中二病臭さの漂う異能バトルが好きな人にオススメ」 ▲神崎紫電氏「ブラック・ブレット 神を目指した者たち」 「勢いとか中二病臭さの漂う異能バトルが好きな人にオススメ」
十歳の幼女ヒロインと保護者型高校生ヒーローのタッグバトルもの「あー、本書の幼女たちが可愛すぎて俺はもうだめかもしれん」十歳の幼女ヒロインと保護者型高校生ヒーローのタッグバトルもの 「あー、本書の幼女たちが可愛すぎて俺はもうだめかもしれん」
ゲーマーズ ▲ゲーマーズ メロンブックス ▲メロンブックス とらのあな、品切れ ▲とらのあな、品切れ
 7月の電撃文庫が8日に発売されており、先日お伝えした中に「ブラック・ブレット」があるが、著者の神崎紫電氏曰く『内容は一言で言うと「十歳の幼女ヒロインと保護者型高校生ヒーローのタッグバトルもの」です』とのことで、純情アグレッシブ!さんのレビューでは『幼女てんこ盛り』。  「ブラック・ブレット 神を目指した者たち」は、著:神崎紫電、イラスト:鵜飼沙樹氏による作品で、書籍情報では、『ウィルス性の寄生生物との戦いに敗北した近未来。人類は狭い国土に追いやられ、絶望とともに生きていた。そんな暗闇に閉ざされた世界で──。東京エリアに住む少年・蓮太郎は、対ガストレアのスペシャリスト 「民警」 として、相棒の幼女・延珠とともに、日々、危険な任務を遂行していた。二人はある日、東京を壊滅させかねない極秘任務を受けるのだが……』など。  オビは『彼らこそ、滅亡寸前の人類を救う最後の希望――』『スピーディでスリリングな近未来ヒロイック・アクション、開幕っ!!』など。また、あとがきによると『ロリコン天国、おっぱい祭り、変態拳銃、インチキ拳法など様々な催し物を用意して、二度と読まないあなた様を心よりお待ちしています』。  その他の感想やレビューには、ラノベ365日さんの『息つく暇も与えない怒涛のストーリー展開とスリルと緊張感溢れる重厚なアクションが見所』や、お湯ぬるいんだけど!さんの『肝心のバトルは作家さんの真に迫る描写もあってアツい展開が多いですし、見せ方も上手いです』、まいじゃー推進委員会!さんの『これはよい中二病バトル。とにかく展開が非常にスピーディ』などがあった。
パンツ見えながら跳ぶ主人公のパートナーの幼女とおっぱい要員のヒロイン? ▲パンツ見えながら跳ぶ主人公のパートナーの幼女とおっぱい要員のヒロイン? ツインテール揺らしながら歩く幼女 ▲ツインテール揺らしながら歩く幼女 敵対するパートナーの父と幼女 ▲敵対するパートナーの父と幼女
ヘリコプターから飛び降りる幼女 ▲ヘリコプターから飛び降りる幼女 他の幼女と遭遇 ▲他の幼女と遭遇 引きこもりのマッドサイエンティスト ▲引きこもりのマッドサイエンティスト
関連記事
後日譚を描く最終巻「狼と香辛料XVII Epilogue」他7月の電撃文庫発売 アキバでは静かなデビュー「ガガガ文庫」「ルルル文庫」計20冊発売
リンク
ブラボー!幼女ブラボー! 俺はロリコンじゃないけど (純情アグレッシブ!) 超人同士のタッグバトルは手に汗握る激闘でした (ラノベ365日) 中二病臭さの漂う異能バトルが好きな人にオススメ (まいじゃー推進委員会!) かくいう僕もジャケットに惚れたクチだったり (お湯ぬるいんだけど!) 無骨な銃や刀剣と女の子という組み合わせが美しい (Infinity recollection) 12万人以上の超幼女がひしめく世界 (お菓子とウサギさん新館) あぁ、俺も幼女にギュッてしたい、ギュッてされたい!! (適当blog) 電撃文庫版『紅』 (真紅派同研) 『ブラック・ブレッド』表紙がめっちゃくちゃかっこいい 『ブラック・ブレット』厨二好きなロリコンどもは買って損はない ブラック・ブレット 神を目指した者たち 7月の新刊電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE 午前四時起きのライターズハイ (神崎紫電氏) 迂回先 (鵜飼沙樹氏)