未分類

魚人島に根付く悲しい歴史…「ONE PIECE」コミックス第63巻発売

 
「ONE PIECE」コミックス第63巻発売 「週刊少年ジャンプ」にて連載されている尾田栄一郎さんの漫画作品「ONE PIECE」のコミックス第63巻が発売された。今巻は、前巻の記録を越す初版発行部数390万部を達成。明日へと続く記憶さんは『早くも過去編突入です。……重いわっ。』『連載初期から仕込んでいた伏線を、遂に放出しています。』としていた。
「ONE PIECE」コミックス第63巻発売 ▲初版発行部数390万部達成!「ONE PIECE」コミックス第63巻発売
魚人島に深く根付いた悲しい歴史が明らかに… ▲魚人島の過去編突入!魚人島に深く根付いた悲しい歴史が明らかに…
 「週刊少年ジャンプ」にて連載されている尾田栄一郎さんの漫画作品「ONE PIECE」のコミックス第63巻が発売された。今巻では、初版発行部数380万部を記録した前巻を越す初版発行部数390万部を達成し、またも日本出版記録を更新した。  第63巻は、コミックス情報によると『ルフィと共に、遂に硬殻塔を出たしらほし姫は、二人で“海の森”を目指す。そこで、ジンベエと会うが、彼から語られた魚人島に深く根付いた悲しき歴史とは!? “ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!』と紹介されている。  感想として帰ってきたひとりよがりさんは『過去、この街でどんなことが起きたのか、そして、アーロンがどうしてイーストブルーに行くことになったのか、などなど、人間対魚人の歴史のようなエピソードが中心になっています。』  明日へと続く記憶さんは『ジンベエの口から語られるのは、そんなじっくりとした過去の出来事。連載初期から仕込んでいた伏線を、遂に放出しています。アーロン編が10巻そこらだったわけですから、約50巻振りですか。奇しくも過去編の年代となる10年間が、リアルタイムで経過していますよ。』  『麦わらの一味の出番は少なかったんですが、その中でもやっぱりゾロはかっけえなぁ。魚人との水中戦というと、アーロン戦を思い出して、足止め出来るのかなと疑ってしまいましたが、むしろ優勢とは驚きました。どれだけ強くなってんだか、上限が見えてこないですね。』としていた。
新魚人海賊団、進撃! ▲新魚人海賊団、進撃! しらほし姫、城を脱出 ▲しらほし姫、城を脱出 魚人との水中戦! ▲魚人との水中戦!
オトヒメとタイガー ▲オトヒメとタイガー “愛の人”オトヒメ王妃 ▲“愛の人”オトヒメ王妃 “奴隷解放の英雄”タイガー ▲“奴隷解放の英雄”タイガー
タイヨウの海賊団 ▲タイヨウの海賊団 タイガーの信念 ▲タイガーの信念 オトヒメの願い ▲オトヒメの願い
関連記事
人魚だらけの魚人島に到着!「ONE PIECE」コミックス第62巻発売 新章「最後の海“新世界”編」突入!「ONE PIECE」コミックス第61巻発売 驚異の累計発行部数2億部突破!「ONE PIECE」コミックス第60巻発売 戦争終結、エース死亡で涙腺崩壊…「ONE PIECE」コミックス第59巻発売
リンク
shonenjump.com ONE PIECE (作品紹介) ONE PIECE 第63巻 (コミックス情報) ONE PIECE WEB ONE PIECE(ワンピース) 63巻 (帰ってきたひとりよがり) 『ONE PIECE』63巻 感想 (明日へと続く記憶)