未分類

君は誰とキスシーンをする?「この彼女はフィクションです。」第3巻発売

 
「この彼女はフィクションです。」第3巻発売 「週刊少年マガジン」にて連載中の渡辺静さんの漫画作品「この彼女はフィクションです。」の第3巻が発売された。裏表紙では『現実の恋愛模様が混迷を極める中、いよいよ波乱の舞台の幕が開く!』、何かよくわからん気まぐれBlogさんは『予想外の波乱の公演に、ワクワクが止まらなかった巻でした。w』としていた。
「この彼女はフィクションです。」コミックス第3巻発売 ▲「この彼女はフィクションです。」コミックス第3巻発売
波乱の舞台公演が開幕!理想と現実との三角関係に急展開! ▲波乱の舞台公演が開幕!理想と現実との三角関係に急展開!
波乱の舞台の幕が開く ▲波乱の舞台の幕が開く メロンブックス ▲メロンブックス COMIC ZIN ▲COMIC ZIN
 「週刊少年マガジン」にて連載されている渡辺静さんの漫画作品「この彼女はフィクションです。」のコミックス第3巻が発売された。  「この彼女はフィクションです。」とは、オリジナルキャラクター「ミチル」創作する“秘密の趣味”を10年間続けていた男子高校生・葉村裕里が憧れの先輩・久住風子に恋をし、趣味を棄てる決意をするが…突然目の前に“絵に描いたような理想の彼女”が現れる。完璧彼女が巻き起こす予測不能の極限ラブコメディ。  コミックス情報によると『「オレが……『ミチル』やフーコ先輩を相手に……『これ』を演じる……!?」 現実化した“理想の女の子”「ミチル」の“犯人探し”が続く中、市民祭の演劇に文芸部一同で出演することに。現実の恋愛模様が混迷を極める中、いよいよ波乱の舞台の幕が開く……!』と紹介されている。  感想として何かよくわからん気まぐれBlogさんは『今巻は演劇公演でのキスシーンがメインで、主人公の「ユーリ」と実現化した理想の女性「ミチル」とのキスシーンは本当に実現できるのか?そして、密かにユーリに想いを寄せている先輩の「フーコ」は、それを黙って見すごすのか?そのやり取りと緊迫した雰囲気に圧倒され、読んでて物凄く面白かった。w』  『でも、いつミチルが感情的になって、目からビームを出すのかがネックになっていて、この命懸けの三角関係に今回もドギマギさせられました。w マジで、”目からビーム”が怖すぎ。』としていた。
フーコ先輩の恋患い ▲フーコ先輩の恋患い 可憐なダブルヒロイン ▲可憐なダブルヒロイン 告白は演技?本気? ▲告白は演技?本気?
“犯人”は私だったんだ! ▲“犯人”は私だったんだ! 公演中にミチル大暴走! ▲公演中にミチル大暴走! ミチルの身体がノートに? ▲ミチルの身体がノートに?
フーコ先輩と初デート ▲フーコ先輩と初デート 愛をとりもどせ ▲愛をとりもどせ 謎のコスプレ少女?現る ▲謎のコスプレ少女?現る
関連記事
理想と現実との三角関係!?「この彼女はフィクションです。」第2巻発売 妄想彼女がリアルに具現化!「この彼女はフィクションです。」第1巻発売
リンク
週刊少年マガジン この彼女はフィクションです。 (作品紹介) この彼女はフィクションです。 第3巻 (コミックス情報) ストイシズム (渡辺静公式サイト) ”キス”をするのか?しないのか?やっぱりするのか?目からビームか???w 漫画「この彼女はフィクションです。 3巻」を読む!! (何かよくわからん気まぐれBlog)