未分類

第16回 ほぼ週刊同人ゲーム体験版レビュー「鉄駆ギア」

 
鉄駆ギア 第16回目の同人ゲーム体験版レビューは「鉄駆ギア」です。人間も機械の身体や頭脳を手に入れ、巨大なロボットが登場しまくる近未来。動きのある演出とロボの緻密な描写がかっこいい作品でありながら、姉ゲーな一面も兼ね備える近未来ロボットアクション姉ゲー。こいつはどえらい事になりそうだ!!
鉄駆ギア
【制作者インタビュー】(今回はTaka8さんにご回答頂きました) ■制作について Q:鉄駆ギア制作のきっかけを教えてください。 A:元々自主制作アニメが作りたかったんですけど、シナリオがさっぱり作れないので一度がっつりシナリオの勉強をしようと思って前からやりたかったノベルゲーム制作をしてみようと思いました。 Q:制作期間を教えて下さい。 A:構想期間も含めると1年ぐらいですかね。実際に作業してたのは半年くらいです。 Q:制作の中で大切にされたことは? A:なるべく音と絵で表現してプレイヤーに飽きないようにしてもらおうと思いました。僕はテキストだけで表現出来るほど書く力がないので苦肉の策ですが… Q:制作の中で、大変だった事は?それはどうやって乗り越えましたか? A:大変だったのは一人で孤独に作っていたので心が萎えそうになった事ですね。「これ作って何になるんだ?」とか「これクソゲーじゃないか??」とか心の声が僕を責め立てるんです。「僕が愛さないで誰がこのクソゲーを愛してやるんだ!」って自分を励まして乗り越えました。 Q:影響を受けた作品や好きな作品は?(制作に直接関係のない作品もOKです) A:ドラえもん ガンダム Haloシリーズ フロントミッション アーマードコア Q:制作メンバーは何つながりの方ですか? A:以前に仕事場で知り合ったお友達です。 Q:公式サイトの自主制作アニメがすごいかっこいいですね。 A:ありがとうございます。僕は3Dの仕事で生計を立てているのですが、3Dのキャラクターって好きじゃないんですよね、表情が死んでいるのがほとんどで。なのでキャラクターはアニメ風にして表現しようと思いまして、その実験作ですね。 Q:メカデザインは大変じゃなかったですか? A:大変なのでギア3機のデザインは友達のKounyanさんにやってもらいました!ありがとー!!デザインするのは大変ですけど元々メカが好きなのでここを手抜きしたら何のために作品作ってるのかわからんと思ってモリモリ作りました。
主人公の「鋼一」 全身機械であることに苦悩する少年兵士 ▲主人公の「鋼一」 全身機械であることに苦悩する少年兵士 脳まで機械化してしまった人間達。彼らは機人と呼ばれ、自分達こそが新しい人類であると主張する ▲脳まで機械化してしまった人間達。彼らは機人と呼ばれ、自分達こそが新しい人類であると主張する 突然現れた謎の少女。鋼一の体を修理する代わりに彼女が突きつけた要求とは? ▲突然現れた謎の少女。鋼一の体を修理する代わりに彼女が突きつけた要求とは?
■内容について Q:お気に入りのキャラはいますか?理由も教えてください。 A:ええっと…。まだそれほどキャラが出てないのでお気に入りもクソもないのですがヒロインのケイちゃんです。理由は巨乳だからです。 Q:一番のみどころは? A:ラストあたりの戦闘シーンですかね。作ってみて思ったんですけどちゃんと演出すれば、それなりに動きがある絵に見えるなぁーと実感しました。 Q:どんな人に薦めたいですか? A:メカが好きな人ですね。 Q:サイトにあるようなムービーはありますか? A:人にお見せできるようなものはサイトにあるムービーだけですね。本編にも余裕ができたらあんな感じのムービーを入れたいと思ってますが。 Q:お姉ちゃんについて自由に述べてください。 A:お姉ちゃんっていう存在に憧れますね。実際に姉がいる人からしたら「何言ってんだ??」って感じなんでしょうが…。
高いシナプスレベルを持つ戦闘用機人「鉄機兵」 機人のエリートだ ▲高いシナプスレベルを持つ戦闘用機人「鉄機兵」 機人のエリートだ 自然主義者ネイチャーグリーンの主力ギア「リーベ」 高い機動力を生かした格闘戦に優れた機体だが、その反面パイロットの技量に左右されやすい ▲自然主義者ネイチャーグリーンの主力ギア「リーベ」 高い機動力を生かした格闘戦に優れた機体だが、その反面パイロットの技量に左右されやすい 新人類を名乗る機人を生み出すゼプト社の主力ギア「ヘルシャフト」 禍々しいシルエットが特徴的 ▲新人類を名乗る機人を生み出すゼプト社の主力ギア「ヘルシャフト」 禍々しいシルエットが特徴的
■今後のサークル活動について Q:開発中の作品がありましたら、教えてください。 A:鉄駆ギアはまだまだ終わりそうにないのでエピソード2を作るつもりです。 Q:制作において最も大事なものはなんだと思いますか。 A:折れない心じゃないでしょうか。僕の心はよく折れちゃってますが。 Q:注目されている同人ゲームは? A:ええっと……。同人ゲームはあまりやったことがないのでよくわかりません。ごめんなさい。 Q:このレビューをご覧の皆様に一言おねがいします。 A:映画を1本観るような、コミックを1冊読むような手軽さでプレイして頂けたら嬉しいです。ノベルゲームって高価でプレイ時間長かったりするので気軽にプレイできない所に僕は疑問を感じたりしてるんですよね。コミックで言うと全巻まとめ売りなんですよねこれって。なので低価格で面白かったら続き買ってね!ってスタイルでやっていこうかと今は考えています。近々HPもリニューアルして体験版、製品版のダウンロードも用意していこうと思いますので宜しくお願いします。
地に伏せた巨人は目覚めの時を待っている。リーベをベースにしたテスト機であり、数は非常に少ない。どんな能力を秘めているかは一部の者しか知らない ▲地に伏せた巨人は目覚めの時を待っている。リーベをベースにしたテスト機であり、数は非常に少ない。どんな能力を秘めているかは一部の者しか知らない ヘルシャフトはパイロットの思考リンクによる集団戦に特化した機体だ。全身に備え付けられたカメラから標的は逃れられない ▲ヘルシャフトはパイロットの思考リンクによる集団戦に特化した機体だ。全身に備え付けられたカメラから標的は逃れられない。 荒廃した世界で身を寄せ合う二人 ▲荒廃した世界で身を寄せ合う二人
■体験版レビュー 1時間半の体験版です。荒廃した世界で人類は自らの身体を機械化して生きていくようになります。それは、機械化による恩恵も、人類の進化をもたらさず、人格の欠損のみをもたらし、人から機人への退化をもたらしました。人間が感情を捨てて生きる事はできないのでしょう。主人公の鋼一はそのような世界に生きています。 彼自体は機人ではありませんが、一部は機械化しており機人と戦っています。その目的はまだ我々の知るところではなく、彼の背負っている過去も複雑なものがあるようです。体験版中ではそれらが垣間見えますが、まだ明らかにはなりません。 体験版の後半で鋼一は起動兵器エアライズに乗りますが彼がどのような経緯でエアライズを操縦できるようになったのかも、まだ明らかにはなりません。このエアライズもそうなおですが、メカデザインがすごくいいです。メカメカしてて、一目見たらグッとくるものがあります。多くの方の中にある子供心的な、メカ=かっこいい!という気持ちをくすぐられると思います。メカのかっちょよさの一方で、ヒロインと突然出会い、そしてそのヒロインが唐突に自分の事をお姉ちゃんと呼べとか言い出したりします。 冒頭でも申し上げましたが、人間とは感情の生き物ですので、美少女ヒロインに唐突にお姉ちゃんと呼べといわれたりすると人間は誰しも喜んだりすると思います。人間が感情を捨てて生きる事はできないのでしょう。 えー、冒頭とニュアンスが大きく異なりますがそれはともかく。お姉ちゃんの方が鋼一さんより上手らしく、うまく言いくるめられたり、言い負かされたりするのもいいですね。お姉ちゃんに口げんかで勝てないのがいいのです。ええ。えー、筆者はお姉ちゃんの事ばかり気にしていますが、体験版は舞台となる世界を描き、またメカの戦闘シーンも楽しめて完成版への期待を大きく膨らませてくれます。期待して待ちたいと思います。 下の動画はtaka8さんが制作されたもので鉄駆ギアのものではありませんが、作品の雰囲気を感じられると思います。45秒のアニメーションですが、すごい迫力とかっこよさがあります。こういうのが好きな人は是非、体験版を遊んでみてください。
筆者@moareaのほぼ週刊同人ゲーム体験レビューがVisual Art’sさんの「visualstyle」にも掲載されています。お見逃し無く!
関連記事
ほぼ週刊同人ゲー体験版レビュー【連載】 第15回 ほぼ週刊サウンドノベルアプリレビュー「はやぶさ」 第14回 ほぼ週刊同人ゲー体験版レビュー「RefRain」 第13回 ほぼ週刊同人ゲー体験版レビュー「魔天使セラフィム-聖都陥落-」 第12回 ほぼ週刊同人ゲー体験版レビュー「クリアレイン」 第11回 ほぼ週刊同人ゲー体験版レビュー「爆音の世代、沈黙の世界」 第10回 ほぼ週刊同人ゲー体験版レビュー「World End Economica」 第9回 ほぼ週刊同人ゲー体験レビュー「ダンジョン・アーミー」 第8回 ほぼ週刊PCゲーム体験レビュー「AQUA」 特別編 ほぼ週刊同人ゲーム体験レビュー「日本橋doujinトライアルフェスタ」
リンク
ネイキッドコア 萌エリア88ブログ 同人ゲーム@ウィキ visual style