未分類

ビルの隙間に佇む花房神社、あれから5年・・・再び行ってみた

 
ビルの隙間に佇む花房神社、あれから5年・・・再び行ってみた 新年となり、神田明神への参拝レポートが多く報告されているが、アキバOSではビルの隙間に存在していたとしてお伝えした事のある、花房神社へ行ってみた。2006年当時は、やじうまWatchでも紹介されたが、社は訪れた時とは変わらず昔のままの姿を保っており、2体のお稲荷さんもそこに佇んでいた。
以前と変わらずそこにあった花房神社への道 ▲以前と変わらずそこにあった花房神社への道
 新年となり、神田明神への参拝レポートが多く報告されているが、アキバOSではビルの隙間に存在していたとしてお伝えした事のある、花房神社へ行ってみた。場所は、ツクモexやトレーダー秋葉原3号店、アキバ☆ソフマップ2号店などがある区画に存在し、Googleの地図にも掲載。2006年当時にお伝えした時は、やじうまWatchでも紹介された。  花房神社へは前回と同じルートを辿ることにし、ビルとビルの隙間へと向った。あれから、約5年の歳月が経過しており、秋葉原の街並みは変わっているが、神社への入口は以前と変わらない様相となっていた。両脇に高い壁がそそりたつ隙間を進むと、見覚えのある鳥居が見えてきた。  社は訪れた時とは変わらず昔のままの姿を保っており、社の前には2体のお稲荷さんも以前と変わらずそこに佇んでいた。しかし、以前お伝えした時は花房神社に隣接する土地が更地となっており、光を遮るモノが無く比較的明るかったが、今はビルが建っておりやや薄暗く感じたが、上を見上げると青い空が広がり、タイムズタワーが望んでいた。  早速、アキバOSも今までの繁栄への感謝とこれからの更なる繁栄を願い参拝を行ったが、以前見かけた賽銭箱は無くなっており、代わりになのか観音開きの扉の前には様々なお供え物があった。そして、参拝後はそのまま来た道を辿り、再び秋葉原の街中へ出たが、花房神社がこの喧騒と隣り合わせにあると思うと不思議でならない。
両脇を高い壁がそそりたつその隙間を進んでいく ▲両脇を高い壁がそそりたつその隙間を進んでいく
以前も見たことのある鳥居が見えてきた ▲以前も見たことのある鳥居が見えてきた
昔と変わらない鳥居 ▲昔と変わらない鳥居
奥に見えるのは花房神社の本殿 ▲奥に見えるのは花房神社の本殿
本殿へ続く階段 ▲本殿へ続く階段
佇むお稲荷さん ▲佇むお稲荷さん
反対側にもう一体のお稲荷さん ▲反対側にもう一体のお稲荷さん
観音開きの扉の前には供養物 ▲観音開きの扉の前には供養物
「花房神社」 ▲「花房神社」
上を見上げるとタワーマンション(タイムズタワー)が見えた ▲上を見上げるとタワーマンション(タイムズタワー)が見えた
関連記事
ビルの隙間に存在する異空間。その先には・・・。 ビル隙間に佇む花房神社、今も静かにアキバの街を見守っていた
リンク
秋葉原のビルの谷間にひっそりと残る、小さな古い神社があった (やじうまWatch) 千代田区総合ホームページ – 千代田区 町名由来板ガイド:神田田代町