未分類

エロ漫画描く子やアイドル「初体験プラスR」ひたすらオナニーでこのエロさ

 
エロ漫画描く子やアイドル「初体験プラスR」ひたすらオナニーでこのエロさ 「初体験プラスR」が19日発売となった。オビでは、『ライトエッチ系アンソロジーコミックス』。内容は、エロ漫画を描く女の子と付き合いやアイドルが押しかけてきたりの話などで、パンツに転生する話では、萌特化書店員さんは『ひたすらオナニーなお話ですけれども、ヤったわけでもないのにこのエロさ』など。
ライトエッチ系アンソロジーコミックス「初体験プラスR」発売 ▲ライトエッチ系アンソロジーコミックス「初体験プラスR」発売
ジェームスほたて氏「女のコがHなマンガ描いちゃダメですか?」「私がなに描いているか知りたい?」 ▲ジェームスほたて氏「女のコがHなマンガ描いちゃダメですか?」 「私がなに描いているか知りたい?」
甘夏氏「4畳半スナイパー」「ほら…ちゃんと触ってみて…」アイドルのおっぱいをお触り ▲甘夏氏「4畳半スナイパー」 「ほら…ちゃんと触ってみて…」アイドルのおっぱいをお触り
堀博昭氏「吾輩はぱんてぃ~である」主人公がパンツに転生「ひたすらオナニーなお話ですけれども、このエロさ」 ▲堀博昭氏「吾輩はぱんてぃ~である」主人公がパンツに転生 「ひたすらオナニーなお話ですけれども、このエロさ」
とらのあな特典イラストカード、ジェームスほたて氏 ▲とらのあな特典イラストカード、ジェームスほたて氏 メロンブックス特典イラストペーパー、堀博昭氏 ▲メロンブックス特典イラストペーパー、堀博昭氏 COMIC ZIN特典イラストカード、堀博昭氏 ▲COMIC ZIN特典イラストカード、堀博昭氏
 さまざまな初体験をテーマ(書籍情報)に描かれた「初体験プラスR」が19日発売となった。オビでは、『ライトエッチ系アンソロジーコミックス』『初体験COMPLEX♥』などで、キャラフル、ヤングコミック、月刊ヤングキングなどに掲載された、ジェームスほたて氏、甘夏氏、堀博昭氏、麻生我等氏のコミック4編を収録。  収録されている作品は、「女のコがHなマンガ描いちゃダメですか?前編/中編/後編」(ジェームスほたて氏)、「4畳半スナイパー前編/中編/後編」(甘夏氏)、「吾輩はぱんてぃ~である前編/後編」(堀博昭氏)、「ダブルドラゴン」「桃弓」(麻生我等氏)などで、『人気作家陣が色々な形の「初めて」をドキドキ感たっぷりに描きます』(COMIC ZIN)。  内容は、エロ漫画を描く女の子とお試しで付き合いを始めて資料と称してデートとかしたり(女のコがHなマンガ描いちゃダメですか)、好きなアイドルがいきなり部屋に押しかけてきて友達のために狙撃をするからと部屋に居座ったり(4畳半スナイパー)、死んだと思ったら幼馴染のパンツに転生したり(吾輩はぱんてぃ~である)、合コンでブルース・リーが好きな女の子お持ち帰りされちゃう(ダブルドラゴン)話とか。  なお、パンツに転生する話では、萌特化書店員さんは『特に堀氏のタイトルが、しょっぱなからヒロインがオナニーしててエロいお汁を全身…いや全パンで浴びまくるという衝撃の始まり方でして』『ひたすらオナニーなお話ですけれども、ヤったわけでもないのにこのエロさ。もう辛抱たまらんですたいよ!』などのレビューだった。
女の子の耳の中に指でさわさわ「ダメぇええそんなに入れちゃ…」 ▲女の子の耳の中に指でさわさわ「ダメぇええそんなに入れちゃ…」 アイドルが全裸で一緒に風呂(妄想) ▲アイドルが全裸で一緒に風呂(妄想) 麻生我等氏「ダブルドラゴン」はあっイ…イくっ ▲麻生我等氏「ダブルドラゴン」はあっイ…イくっ
柔らかい肉の中に筋っぽい触り心地?「ああぁ…いいぃぃ」クニクニクニクニ ▲柔らかい肉の中に筋っぽい触り心地?「ああぁ…いいぃぃ」クニクニクニクニ 「イく…」縞パンの上からアソコをぐいんぐいん ▲「イく…」縞パンの上からアソコをぐいんぐいん 「絶対にパンツ脱がない」アソコをグチョンニチュンックチュックチョッ ▲「絶対にパンツ脱がない」アソコをグチョンニチュンックチュックチョッ
関連記事
ラブプラスみたいなライトエッチ系アンソロジー「初体験プラス」コミックス発売 大半のページでエロシーン「愛恋千鳥」2巻 温泉電車風呂場に3Pやアナル 汁がつゆだく淫語もエロい「愛恋千鳥」1巻発売 おしりマウスパッドも展示 団地妻さんは料理上手で床上手!「団地妻さんのしあわせ」コミックス発売
リンク
もう辛抱たまらんですたいよ! (萌特化書店員) コミックナタリー – 月刊ヤングキングに甘夏登場、アイドルファンの苦悩描く 【とらのあなWebSite】初体験プラスR 少年画報社『初体験プラスR』にイラストカードをプレゼント (COMIC ZIN) 初体験プラスR ハマノホタテヤ (ジェームスほたて氏) polinkyの場 (堀博昭氏)