未分類

今週末「神田祭」開催!和服+女の子…なるほど。我々にとってもお祭りのようだ

 
神田祭

今週末の土日に伝統と歴史のある神事「神田祭」が開催される。本日、JR秋葉原駅電気街口前では万世橋地区のお神輿が準備されており、岩本町一丁目地区では神輿神霊入れが行われていた。明後日は秋葉原の中央通りもお祭り通りとなるそうなので、週末に秋葉原へ行く人は面白いものが見られるかもしれない。

万世橋地区の子供神輿
▲JR秋葉原駅電気街口(ゲマ側)に準備されていた万世橋地区の子供神輿
子供神輿と言えども凛々しい姿である
▲横から 子供神輿と言えども凛々しい姿である
こちらが日曜日の本番用のお神輿
▲こちらが日曜日の本番用のお神輿 お神酒が添えられている
私と同様に写真を撮る人も多くいた
▲私と同様に写真を撮る人も多くいた 中には撮影後にちゃんと手を合わせる大和撫子も
太鼓の側面には大きく「万世橋」と書かれている
▲それっぽい太鼓 太鼓の側面には大きく「万世橋」と書かれている

「神田祭」は明日の土曜日に前夜祭、明後日の日曜日に本祭が行われる。前夜祭となる明日は、子供神輿が神田・外神田地区で担がれるようだ(宮入りは行われない)。私自身そこまで「神田祭」に詳しいわけではないので、私の知り合いであり、秋葉原に江戸時代から店を構える和菓子のお店「松屋」さんのご主人にお話をうかがってきた(主にスケジュール的なこと)。
 
明日は昼頃に神田・外神田の各地でお神輿が担がれ、前夜祭が開催される。明後日は朝6時から夕方頃まで、神田・外神田各地区の神輿が全て集まり、順番に宮入りが行われる。「神田祭」では例年、各地区(例えば須田地区)の順番は固定されているが、その地区内(須田地区内の須田一丁目、二丁目など)での順番は各地区によって様々だという。

中央通りに掲げられた横断幕と旗
▲中央通りに掲げられた横断幕と旗 その他の場所でも見ることができた

「松屋」のご主人の所属する地区では、お神輿がJR秋葉原駅からUDXへ向かう途中の歩道橋の下を通過する。そこで、日曜日のある時間帯(14時頃)に歩道橋の端にガードマンやコーンを配置し、お神輿を上から見下ろさないよう皆様にご協力を求めるという。確かに神を見下ろすなど言語道断である。
 
JR秋葉原駅前の万世橋地区のお神輿は、私のように多くの人が撮影を行っていた。その中で1人、撮影後にしっかりとお神輿に手を合わせている美しい女性がいた。安倍さんを自民党総裁に押し上げ、麻生閣下を快く受け入れる我々秋葉原の民(もちろん反自民や他宗教などいろいろあるだろうが)としては、この女性のように心清らかに「神田祭」を応援して欲しいと思う。

須田二丁目の神輿神霊入れの様子
▲13時前に行われていた須田二丁目の神輿神霊入れの様子
大人が担いで地域の人が多く見物に来ていた
▲大人が担いで地域の人が多く見物に来ていた もちろん小さい子も
(タイトルこんなのにしといて何ですが、変なことしちゃだめですよ 笑)
関連記事
先頭に戻る